生者のポエトリー

生者のポエトリー

1,870円 (税込)

9pt

“詩”は人をつよくする――。トラウマを抱え言葉をうまく発することができない青年・悠平が、急きょ舞台で詩を披露することになり……。(「テレパスくそくらえ」) 最愛の妻を亡くした元気象庁技師・公伸は、喪失の日々のなかで一編の詩に出会う。(「幻の月」) 学習支援教室の指導員・聡美と、ブラジル出身の少女・ジュリアの心を繋いだのは、初めて日本語で挑戦した詩だった。(「あしたになったら」)……ほか、人生の大切な一歩を踏み出す、その一瞬を鮮やかに描いた全6編。逆境のなかで紡がれた詩が明日を切り拓く、心震わす連作短編集。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

生者のポエトリー のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    読書備忘録778号。
    ★★★★★。

    素晴らしい物語でした。
    これまで生きてきて、最も遠いところにあった詩というモノの持つ力を感じることが出来ました。

    詩の持つ力で前を向いて生きていこうと藻掻く6人の物語から構成され、物語から物語へタスキのように魂の力が伝わっていきます。

    顔面緘黙症の青年はコミ

    0
    2023年11月16日

    Posted by ブクログ

    詩を詠むという事を題材にした連作短編6話。短編だけど、どれもとてもじんわりと心に沁みる。それぞれの話の主人公たちが、日頃から胸に留めていた想いを詩に託して、何らかのキッカケで外に発信する瞬間が清々しくて良かった。老若男女、不器用だったり、愚かだったり、頑張り屋だったり、みんな普通の人たちで、その詩も

    0
    2023年02月08日

    Posted by ブクログ

    詩を作る、朗読する。普通に生きていると恥ずかしくてそんな事出来ないと思ってしまいます。でも誰でも言葉を連ねる事で作れるのが詩です。巧拙もテクニックも気にせず心の赴くまま言葉を連ねる。それが自分表現になるし、人の心を打ったりします。
    そしてなんらかの形で人前で朗読をする、いわゆるポエトリーリーディング

    0
    2023年01月05日

    Posted by ブクログ

     最初はとまどった。この作者の作品は、ちょっと変わった設定が多いことは知っている。詩だって、今度は。
     しかし、まさかこんなに熱くなっていく人間の姿を見せてくれるとは。一人ひとりの登場人物は、とても不器用な人たちばかりなのに。
     言葉は、心なのだ。言葉で表し行動することで、前へ進むことができるのだ。

    0
    2022年09月26日

    Posted by ブクログ

    詩という言葉の力をこの本で知る。詩のよさはよく分からないし、この本の詩を読んでも感動もしなかったけど、この本の中の人たちが感動や考えている事を知って自分も感動を体験できた。言葉の力はナイフにもなるし、包み込む毛布になる。それを気づかせてくれた本。

    0
    2022年08月16日

    Posted by ブクログ

    いい小説を読んだと思いました。
    詩を創り朗読する人たちの連作短編集。
    各編ともにその主人公が創った詩が載っています。

    「テレパスくそくらえ」
    中学生の時場面間黙症で壮絶ないじめに遭っていた悠平25歳。日雇いのバイトで知り合った久太のライブを勇気を出して観に行くと、久太に場つなぎに詩の朗読を頼まれま

    0
    2022年06月01日

    Posted by ブクログ

    “詩”を主題とした6篇から成る連作短篇集。それぞれの作品には連作と呼んでいいか悩むほどの繋がりしかないが、最終話ですべてのエピソードが1つになる。そして遥かに大きなものへと変わる。
    短篇だからさほど複雑なものではない。岩井さんの作品にしては物足りなさを感じるかもしれない。収められた作品の主人公達はそ

    0
    2022年04月15日

    Posted by ブクログ

    表現すること、言葉を語ることは何も特別なことではなく、生きていくことそのもの何だと感じました。
    引き込まれて一気に読んでしまいました。
    とても良い本でした。

    0
    2023年07月15日

    Posted by ブクログ

    6つの短編
    年齢もさまざまな人達
    誰もが自分の置かれた環境に悩んでいる。
    悩みもそれぞれ
    自分な心を見つめて吐き出す。
    まさに吐き出すと言う表現が相応しい。

    詩は難しいと思っていた…
    思いすぎていたかもしれないと思った。


    われわれが生きていくのに
    詩を叫ぶ以外の理由があるかい?

    「詩」に対す

    0
    2023年06月02日

    Posted by ブクログ

    『詩』をテーマにした6編からなる連作短編集。自分の意思を伝えるのが苦手な人達が、心からあふれる思いを詩という方法で表現する。それは生きた言葉だ。
    無性に詩集が読みたくなり、詩を書いてみたくなった。

    0
    2023年01月22日

生者のポエトリー の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

集英社文芸単行本 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

岩井圭也 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す