入試改革はなぜ狂って見えるか

入試改革はなぜ狂って見えるか

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

強引に推進された大学入学共通テストは受験生やその家族をさんざん振り回したあげく、制度の欠陥や無理のあるスケジュールに批判が集中、想定した形での導入は断念された。大学受験はいわば理想の教育の体現である。けれど教育の理想像は人それぞれ。このため原理主義的に先鋭化しがちで、思想的な対立が起こりやすい。さらに今回は入試問題の現状を把握していない論者による、高校生や大学生に対する事実誤認に基づいた荒唐無稽な主張も少なくなかった。大学入試改革議論の混乱に惑わされないための視点を考える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2021年10月15日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
1MB

入試改革はなぜ狂って見えるか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月11日

    塾の主宰者でもある著者の入試改革への評価だ。
    そも審議会はマクロ的な発想で改革論議を進めているけど、受験する現場はミクロ的な対応をしていくわけで、乖離してること甚だしい。ま、受験生のために改革してるわけじゃないからね。だからこそ現場からは改革がトンチンカンなものに見える。実は「知識偏重の弊害」って昔...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月23日

    教育現場の人々や当事者が平易に理解でき、また最低限認識すべき情勢がまとまっている。受験産業の提供する「攻略法」により産み出される「平易な難問」というキメラ(第1章)、他大学のオープンキャンパスの模擬講義を丸パクリしてAO合格(第2章)、「多面的評価」で精神的に問題を抱える受験生は体よく排除され、再チ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年10月21日

    <目次>
    第1章  大学入試の現場
    第2章  推薦入試の表と裏
    第3章  奇妙な入試改革
    第4章  こうして改革は失敗した
    第5章  多面的な評価を多面的に評価する
    終章   どうして入試改革は狂って見えるのか

    <内容>
    さまざまな障害を持つ生徒が増えた今、著者の言うように、「公平性」「平等性」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ちくま新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング