仕事に悩む君へ はたらく哲学

仕事に悩む君へ はたらく哲学

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「豊かさとは何か」
「良好な職場環境とは何か」
「天職とは何か」
「働くため自分を変ることはできるのか」
「一人でいることは悲しいことか」

仕事をする中、人々はさまざまな悩み、疑問に直面します。

しかし一度立ち止まり、視野、そして時間、空間を超えて思考することで、私たちは生き方の選択肢の多さに気づくことができるはずです。

本書は“知の巨人”である佐藤優氏が分かりやすく賢人たちの思想を解説し、理解を導いてくれる哲学の実用書。
働くことを考える上で大切な思想、幸せに働くための思考の軸を作るため、現代人必須の一冊です。

-----------------------------------------
中小企業に勤めるシマオ君は悩み多きミレニアル世代。
周りの友達と給料の差は広がり、転職活動はうまくいかない。

仕事のやりがいもわからなくなったシマオは、学生時代にキャットシッターをしていた作家・佐藤優さんの家へ訪れ、働く上で直面する悩みを吐露する。
そんなシマオに、佐藤優さんは哲学、経済、歴史、古典などあらゆる方面から、シマオの悩みの本質、それを解決すべき思索を提案。

マルクス、ケインズ、アリストテレス、ニーチェなど歴史的賢人とととに、佐藤氏自身の経験を混えた教訓は、悩める全ての社会人に向けた「働くための思考の筋トレ」「知的教養の実践書」とも言えます。

「何のために仕事をしているか分からない」という人
メディアに溢れる「好きを仕事に」「やりたいことで生きる」「何者かになりたい」というキラキラ思考に疲れた人
「人間関係に疲れ、会社に行きたくない」という人
「仕事が評価に繋がらない」という人
「自分の限界が見えて先が見えない」という人

全ての働く社会人へ
佐藤優氏からの応援の書が「はたらく哲学」です。


<本書に登場する賢人たち>
・アダム・スミス
・カール・マルクス
・ジョン・メイナード・ケインズ
・大川周明
・エピクテトス
・ヴィルフレド・パレート
・エトムント・フッサール
・アリストテレス
・チャールズ・サンダース・パース
・ルネ・デカルト
・マックス・ウェーバー
・新島襄
・三木清
・夏目漱石
・パール・フ・デ・スピノザ
・フリードリヒ・ニーチェ
・トマーシュ・ガリッグ・マサリク
・ゲオルク・ヴィムヘルム・フリードリヒ・ヘ
ーゲル
・ハンナ・アーレント

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
マガジンハウス
ページ数
208ページ
電子版発売日
2021年10月07日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
13MB

仕事に悩む君へ はたらく哲学 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月06日

    若い方に読んでもらいたい。嫉妬、孤独、友人。色々な悩みがあるが、解決できなくても前向きに考えることができるようになる本。
    マガジンハウスがこういった本を出してくれるのが嬉しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月05日

    非常に秀逸な本だ。筆者が如何に人を救おうか、考え抜いた本だと思う。膨大な知識の裏づけがある中で、読書に馴染みのない人さえも救おうと考えて、限りなく簡単に、分かりやすく書いてある。本書はこれまでの先人達の知恵のエッセンスが非常に濃く描かれている。
    悩める社会人を救う為には「小手先のビジネススキルや自己...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月27日

    哲学者たちの言葉や考え方をうまく組み合わせながら、「不安」の要素や原因についてわかりやすく解説してくれる。とても読みやすく、本質的で、実践的でもあった。
    その時々の状態で受け止め方も変わると思うので、またモヤモヤし始めた時に再読したいと思った一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月21日

    自分が生きている時代を第三者の視点で分析するのは難しい。何となく違和感は感じていたけど、これまで至極当然と思っていたことが悉く覆され、将来を見る目が変わった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月31日

    劣等感より怖いのは、悪い嫉妬心。
    良い嫉妬心は熱意ややる気に変えられるが、悪い嫉妬心は人を羨んで蹴落とそうとする。

    過度の自己嫌悪は、歪んだ自己愛と表裏一体。
    そうした自己愛は悪い嫉妬へと繋がる。

    健全に自分を愛し、自分の能力を客観視する。
    そうすることで、あらゆる負の感情から身を守って、前向き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング