春の戴冠4
  • 最新刊

春の戴冠4

作者名 :
通常価格 1,047円 (952円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

〈虚飾を焼け、虚栄を打て〉メディチ家を糾弾する修道士サヴォナローラの舌鋒にフィオレンツァ市民は次第に酔いしれ、熱狂していくのだった。盛りを過ぎた大輪の花が散り急ぐかのように花の都の春が終わりを迎えるのをひしひしと感じる「私」だが――ボッティチェルリの生涯とルネサンスの春を描いた長篇歴史ロマン堂々完結。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
477ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

春の戴冠4 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月20日

    フィオレンツァの、壮大な叙事詩を読み終えた。

    サンドロ(ボッティチェルリ)で始まり。
    ロレンツォ(メディチ家)に継がれ。
    ジロラモ(サヴォナローラ)で終わる。

    芸術家(サンドロ)が生まれ。
    パテント(ロレンツォ)が育み。
    宗教家(ジロラモ)で影を落とす。

    そんな4部作であった気がします。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月28日

    序盤から破滅を予感させる物語でしたが、むしろその破滅の予感があったからこそ、美しさを感じ続けることができたように思います。

    引用の、無駄と思える美しさをかみしめたのなら、無駄を排すという考え方は賛成できるが、ただ頭ごなし、非寛容に排斥するというのはよくない、というのには共感しました。

    最終巻、栄...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

春の戴冠 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 春の戴冠1
    1,047円(税込)
    メディチ家の恩顧のもと、祭りに賑い、楽しげなはずむような気分に覆われた花の盛りのフィオレンツァ。「私」と幼なじみのサンドロ(のちのボッティチェルリ)は、この日々が過ぎゆく人生の春であることに、まだ気が付いていなかった――壮大にして流麗な歴史絵巻。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 春の戴冠2
    1,047円(税込)
    限りある生を惜しみ、その〈永遠の姿〉を地上にとどめようと描き続けるボッティチェルリだが、あるがままに描くという時代の流行との差異に苦悩する日々が続いていた。そんなある日、ジュリアーノ・デ・メディチの禁じられた恋人、美しきシモネッタに捧げられた壮麗な騎馬祭がフィオレンツァ全市を挙げて催される――!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 春の戴冠3
    1,152円(税込)
    美しきシモネッタの死から一年、反目を強めていくいっぽうのパッツィ家とメディチ家。ついに復活祭のミサの席上、襲撃されジュリアーノが命を落とす。血で血を洗う抗争を冷徹にも思える目で見つめ、描き続けるボッティチェルリに驚く「私」――そして、傑作「ヴィーナスの誕生」が完成したのだった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 春の戴冠4
    1,047円(税込)
    〈虚飾を焼け、虚栄を打て〉メディチ家を糾弾する修道士サヴォナローラの舌鋒にフィオレンツァ市民は次第に酔いしれ、熱狂していくのだった。盛りを過ぎた大輪の花が散り急ぐかのように花の都の春が終わりを迎えるのをひしひしと感じる「私」だが――ボッティチェルリの生涯とルネサンスの春を描いた長篇歴史ロマン堂々完結。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています