「古荘純一」おすすめ作品一覧

「古荘純一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/10/28更新

ユーザーレビュー

  • 発達障害とはなにか 誤解をとく
    2016年8月刊行。著者は小児精神科医。発達障害の研究は日進月歩だが、現在までの流れを知るのに手頃な本。自分は発達障害の子どもがいるが、帯のキャッチコピーにもあるように「『個性』でなく『疾患』として考える」ことは自然に感じられる。あとがきにある通り、それを「『個性の範囲内』にとどめること」が目標とい...続きを読む
  • 教育虐待・教育ネグレクト~日本の教育システムと親が抱える問題~
    ■児童虐待の定義(児童虐待防止法§2)
    ①児童の身体に外傷が生じ,又は生じるおそれのある暴行を加えること ⇒身体的虐待
    ②児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること ⇒性的虐待
    ③児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置,保護者以外の同居人による前二...続きを読む
  • 日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか~児童精神科医の現場報告~
    これまでの自分のこと、今まで出会った子どもたちのこと、これから親として子どもを育てる時のこと…

    色んなことを思いめぐらせた。
  • 日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか~児童精神科医の現場報告~
    「子どもたちには、プライドもあり将来もあります。
    大人の不安に振り回されずに、子どもたち自身がたくましく、
    目標、希望を持てるように支援することが大人の役目です。」

    こんなことを、本に書いてもらわなければ解らない大人たちの作った社会で育つこと自体が不幸だ。
    大人は皆、子供だったことがある筈なのに、...続きを読む
  • 日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか~児童精神科医の現場報告~
    「自尊感情」をめぐっては、まだまだ開発、研究、実践の余地があると感じた。

    その上で、本書の優れている点は
    1.子どもの側の小さな声を丁寧にくみ取っていること
    2.子ども版QOL尺度の公表
    3.オランダ式教育メソッドと海外日本人学校の運営の紹介
    4.的確な事例の紹介と分析
    ではないでしょ...続きを読む