「渡辺邦夫」おすすめ作品一覧

「渡辺邦夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/20更新

ユーザーレビュー

  • メノン~徳(アレテー)について~
    とても読みやすい訳でおもしろかった。

    「徳とは教えられるものか」をメノン、ソクラテスとアニュトスとのディアレクティケーにより探究していくもの。

    人間でなかった時から、正しい考えが内在しており、それが質問によって呼び起こされるという「起草」の概念が興味深い。
  • メノン~徳(アレテー)について~
    齢50にして人生初プラトン
    何より光文社古典新訳文庫の大胆な試みと訳のわかりやすさに感謝。高い値段は再読の価値ありの判断で納得です。短い内容であっても1日でプラトンが読めるなんて凄いです~
    アレテー(徳)の考察は洞察に富み、過去の拙い認識を改めることができます。
    哲学の入門に最適な新訳と思います。
  • メノン~徳(アレテー)について~
    プラトン(渡辺邦夫・訳)『メノン』、光文社古典新訳文庫。

    藤沢令夫訳も以前読んでいるけど、これはまたものすごく読みやすい。
    とくに「探求のパラドックス」に答える場面、
    メノンの召使いの少年が任意の正方形から
    二倍の面積の正方形を作図する方法を考える場面など、
    たぶん誰でもすいすい読めるはず
    (藤沢...続きを読む
  • メノン~徳(アレテー)について~
     「徳は教えられるものではない。」ということを、メノンという青年との対話によって延々と証明していく話。すぐれた徳性をもつ世に知れた偉大な人物の息子は果たしてすぐれた人物になっているかというとどうもそういう例はないらしいということから、いわば帰納的に、徳は教えられるものではないということを論じていく。...続きを読む
  • メノン~徳(アレテー)について~
    うーん。ゆっくりと考えながら読んだら面白いのだろうが、、、

    ソクラテスの切り返しは面白い。
    あなたそれわかってんの?
    わかってないよね?この点どう考えてんの?
    っていう、議論する前に、その議題についてちゃんと理解しないとなーと思った。

    議論の出発点からズレること良くあるし。