吉田類の一覧

「吉田類」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

文藝春秋2022年9月号
NEW
1100円(税込)

作品一覧

2022/08/10更新

ユーザーレビュー

  • 酒場詩人の流儀
    近年特に時代の流れに乗った酒場詩人。言葉の選び方が凡百の作家と異なる魅力を醸し出す。

    酒と登山、自然保護と愛猫。新聞に連載されたエッセイをまとめたもの。抑制の効いた語り口と俳句。
  • 酒は人の上に人を造らず
    この人の良い所は、酒を飲んでもお説教臭くならない、蘊蓄自慢をしない、その場その場で薦められたものを飲む、ということだと思う。
    (178ページ)「「あなたの飲み方を見て、すぐに高知人と分かったよ」幾人もから言われた。酒場で見ず知らずの客と乾杯し、すぐさまその場に馴染んでしまう。テーブル一つを囲んで飲め...続きを読む
  • 酒場詩人の流儀
    もちろん酒にまつわる話が主となるエッセイ集なのだが、
    旅先での文化や出会った人のエピソード、果ては社会に対して思うところまで綴られており大変興味深い内容だった。
  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • 酒場詩人の流儀
    大衆酒場というものがとても面白く番組をよく見ます。

    ハワード・ジンの「民衆のアメリカ史」を読み、そして最近は柳田国男全集に取り掛かり民俗学などを考えていますが、そういった民衆、大衆の酒場と言うものがなかなかいいところをついていて楽しませてもらっています。

    類さんは毎日は飲まないそうで、アルコ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!