竹田いさみの一覧

「竹田いさみ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/03/13更新

ユーザーレビュー

  • 世界史をつくった海賊
    英国が世界制覇していった過程を、16世紀エリザベス一世の時代から、海賊を利用したり、スパイを使ったりした事で具体的に説明してくれる。

    うーむ。大変面白かった。英国大好き偏見人間のバイアスを、キレイさっぱり取り払ってくれた。

    ある意味英国は賢かったけど、ズル過ぎた、とも言える訳、と言う事が分かりま...続きを読む
  • 海の地政学 覇権をめぐる400年史
    スエズ運河で船が座礁した時にラジオに著者がゲスト主演して、その話が面白かったので読んでみた。

    大英帝国がどうやって世界の海を支配していったか、クジラを求めて黒船は日本に開国を迫ったかとか、セオドア・ルーズベルト大統領の戦略、領海や公海というアイデア等海を中心とした覇権の歴史。

    とても面白かった。...続きを読む
  • 海の地政学 覇権をめぐる400年史
    シーパワーバランスが崩れようとしている。中国の台頭だ。
    イギリスやアメリカが都合のいいようにきまりを作り、海を制してきた。今度はそれを中国がやろうとしている。
    アメリカが名指しで中国を敵視した。これからどうなっていくのか。
    アメリカ単独では中国には勝てまい。同盟国らを巻き込む必要がある。
  • 世界史をつくった海賊
    イギリスが海賊を利用して経済的基盤を築いていったことがわかる本です。なぜスペインの無敵艦隊に勝利できたのか、なぜ後に貿易立国になったのか。全ては海賊と黒幕エリザベス女王が関わっていた!という非常に面白い話でした。

    ドレークやホーキンズといった有名な海賊の他、パイレーツ・オブ・カリビアンに登場する東...続きを読む
  • 海の地政学 覇権をめぐる400年史
    【世界的な規模で長期の複雑な交渉や利害調整、そして最終的には各国の妥協の末に、現在の海洋秩序が誕生してきたと考えてよい】(文中より引用)

    主にイギリスやアメリカといった大国に主導されながら、いかにして近現代の海洋秩序が成立してきたかを概観した作品。著者は、『世界を動かす海賊』などの著作で知られる竹...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!