「竹田いさみ」おすすめ作品一覧

【竹田いさみ】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/04/28更新

ユーザーレビュー

  • 世界史をつくった海賊
    英国繁栄の一端を海賊が担っていた、という興味深い話。

    世界史の授業で、イギリスが海賊を使って無敵艦隊を破ったと習ったけれど、何故海賊なのか?と素朴に疑問に思っていた。金儲け、仮想敵国の弱体化を狙って国策的に海賊行為をしていたということならば、海戦に参加していてもおかしくない。

    スパイスや茶、奴隷...続きを読む
  • 世界史をつくった海賊
    16世紀のヨーロッパを支配していたのはスペインとポルトガルというカトリックの2大国であり、当時のイギリスは貧しい二流国だった。しかもプロテスタント国家であるイギリスは周囲のカトリック国家からの武力侵攻に怯えなければならない状況で、このまま戦争になればイギリスに勝ち目がないのは明らかだ。どうすれば手っ...続きを読む
  • 世界史をつくった海賊
    先日読み終えたのは「世界史に消えた海賊」でした。
    今回は「世界史をつくった海賊」。

    結論から言えば、世界史、特にエリザベス女王治世下のイギリスにおいて海賊がとっても重要な役割を果たし、それがのちの大英帝国、産業革命、を作り上げたのだということを言っているのは同じ。

    「消えた」方は海賊として名をは...続きを読む
  • 世界史をつくった海賊
    日本が乱世の戦国時代、いっても島国の中で「われこそは」と名乗り合っていたころのお話し。ヨーロッパでは地中海にインド洋、大西洋に渡る地球規模での、植民地と貿易利権をめぐる壮大な海洋戦が繰り広げていたのだ。学校で歴史を習う前にこの本と出会っていたならなぁ。
  • 世界を動かす海賊
    おれの期の遠航に便乗した竹田さんの本。日本にとっての海運の重要性、その脅威となる海賊がどこでどの程度起きているのか、ロイズの世界リスク一覧を紹介したり、東南アジアや西アフリカ、インド洋で違う海賊の出自や手口を紹介。インドネシアの海上警察がしょぼいけどマレーシアやベトナムが力入れてる話とか、ソマリア海...続きを読む