「熊谷敬太郎」おすすめ作品一覧

「熊谷敬太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/02更新

ユーザーレビュー

  • 悲しみのマリア 上
    激動の時代を立派に生きられてる。
    プロフェッショナルとして、その時代を生きたと胸を張って言えるように生きたい
  • ピコラエヴィッチ紙幣
    実際にあったシベリア極東アムール河口の港に、日本の商社島田商会と日本人街があり ロシアのルーブルの価値が下落し 周辺の人々は島田商会が発行したルーブル紙幣を生活紙幣として使っていた。その時代ロシア革命が勃発し革命の御旗のもと赤軍がロシア民、日本人を虐殺した。その事実を背景に、紙幣印刷技師、島田商会の...続きを読む
  • ピコラエヴィッチ紙幣
    小説、ではあったのですが内容の濃さや示唆の深さから言うと変な本を読むよりも色々と考えさせられ、また勉強になりました。そしてものすごく面白い。気になる点、こういう世界観・こういう危機意識で当時の人が生きていたのかと目から鱗の点、そして経済を回す仕組みやそこに介在する人の心理も含めて付箋がまだいっぱいは...続きを読む
  • 吼えよ 江戸象
    若冲の絵に惹かれ手に取った。少年長太郎が目安箱に入れた「象が見たい」というお願いから、物語は始まる。将軍吉宗は、苦しい時代に、人々に生きる喜びを感じてもらいたいと、象を江戸に呼ぶよう命じる。長崎から江戸までの象の珍道中。あれよあれよと象の医者になった豊安、象と心が通じ合う少女千代、象を狙う輩から象を...続きを読む
  • 吼えよ 江戸象
    徳川吉宗によって,象が江戸へやってくる.その道中の大変さを語ったものかと思いきや,夫を殺されたおみね,長太郎親子の敵討ちと天一坊の騒動を絡めて,とても楽しい読み物となっている.象と心を通わせる千代がとても生き生きとしていて,思いを寄せる豊安先生も微笑ましく,会話も愉快だ.ただ,象にとっては悲しい話で...続きを読む