海老坂武の一覧

「海老坂武」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/10/30更新

ユーザーレビュー

  • 加藤周一 二十世紀を問う
    生涯に沢山の言葉を残した加藤周一の著作を初期からたどりながら、その言葉と考えを探る小論。新書であるが、それを超えた範囲で、重厚な小論であった。文学、美術、社会評論に関して、その意味、意義を時代や周りの人達との関係を含めて論じられていた。加藤周一の社会的活動についてグラムシの言葉を通じて述べられていた...続きを読む
  • 加藤周一 二十世紀を問う
    海老坂氏のサルトルについての本(題名は忘れた)を大学生のとき読んだ。本棚の一番良いところに置いて、時々読んでいた。懐かしい。
    この本の中では、海老坂氏が自身と境遇が似ている(戦争の体験がある、東大出身、分筆業)加藤氏に親しみを感じているような記述が所々ある。
    独りよがりに見えずに微笑ましく映るのは、...続きを読む
  • NHK「100分de名著」ブックス サルトル 実存主義とは何か 希望と自由の哲学
    無知過ぎるんだけど、実存主義は結構古くからの思想かなと思ったら、戦後からだったのか。
    読むと解放と不安の時代だからこそ生まれたのだと納得。

    「実存が本質に先立つ」というのは何となく分かっていたけど、
    「人間は自由の刑に処されている」というの実存主義からなのね。
    改めて諸々を神様のせいに出来ないから...続きを読む
  • NHK「100分de名著」ブックス サルトル 実存主義とは何か 希望と自由の哲学
    シンエヴァを見た後に、実存主義を知ろうと思い呼んでみた。

    サルトルについて1冊でよくわかるようになっており、全体的には良かったが、途中説明不足に感じるところがあったので星4。

    「実存主義」が元々フランスにおいてはみ出しものの「若者」(第二次対戦前後)を表していたということは、世の中への不審を抱く...続きを読む
  • いまこそ、希望を
    サルトル最晩年の対談『いまこそ、希望を』
    1980年に掲載されたこの対談本では、サルトルの思想に触れることができる。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!