「阿部共実」おすすめ作品一覧

「阿部共実」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:阿部共実(アベトモミ)
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:マンガ家

2010年『破壊症候群』でデビュー。『空が灰色だから』、『ちーちゃんはちょっと足りない』、『死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/01/12更新

ユーザーレビュー

  • 空が灰色だから 5
    テンパったり、空回ったり、どうにもこうにも世間に上手く馴染めない、不恰好に生きていくしかない人々を描いた短編集。
    青春は晴れ渡った青空ではなかった、もやもやとした曇り空だったという人には深く突き刺さるのではなかろうか?
    生き辛さを抱えた人にもささやかな幸せはあるはずと信じたい。
  • 月曜日の友達(2)
    なんだよこれ、最高かよ。
    詩的なキラキラ感、まだ色んな未来が詰め込まれた中学校生活の中の一瞬のキラメキ
  • 月曜日の友達(2)
    この人の作品は本当に引き込まれる。天才がまた最高の作品を置いていった。綺麗な物語。

    (ネタバレあり)
    火木が月野にまとわりつくのに無意識に嫉妬する水谷可愛い。
    水谷が月野に惹かれるも月野は応じない展開も予想されたが、最後は両想いとなり一安心。
    火木が月野と水谷の二人の友達に。月野と水谷がすれ違うの...続きを読む
  • 月曜日の友達(2)
    帯を糸井重里、朝井リョウ、秋田ひろむが書いていて、はいはい「泣いた」と書いておけばいいのよねーなんて斜に構えた感想を持ってしまった。
    が、実際読んでみると、確かにこの感想を言葉にするのは難しい。
    し、実際に泣いてしまう。
    ああこれは「櫻の園」と同じく一生涯の漫画になりそうだ。
  • 月曜日の友達(1)
    ボーイミーツガールとか一期一会とか、要は人と人が交わるその一瞬てのはやっぱり奇跡としかいえないもので、それがどんなに人間として普遍的な事象だとしても、またその後の二人にいかなることがあったとしても、そんなことはどうでもいい。
    それは当事者にとってはどんなことにもおきかえられない、オリジナルな魔法の一...続きを読む

特集