竹下大学の一覧

「竹下大学」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/03/13更新

ユーザーレビュー

  • 日本の品種はすごい うまい植物をめぐる物語
    ジャガイモ、ナシ、リンゴ、ダイズ、カブ、ダイコン、ワサビの七種を「採り上げ」て、うまい品種の歴史をわかりやすくひもとく。トリビアの宝庫で、この七種だけでなく、もっといろんな品種の話を聞いてみたいと思う。
    (ジャガイモ)
    ・マックのポテトがやたら長いのは専用品種「ラセットバーバンク」が巨大だから
    ・日...続きを読む
  • 日本の品種はすごい うまい植物をめぐる物語
    農作物の品種改良の話のどこが面白いのかと思うでしょうが、これがめちゃ面白くて各章を一気読みしてしまう。
    江戸時代から今日に至るまで全国各地の育種家たちが馬鈴薯、梨などの身近な作物をどんなに苦労して育てて市場に送り出してきたか(どれだけ優れていても売れてナンボの生き残りをかけた競争)、という数々の物語...続きを読む
  • 日本の品種はすごい うまい植物をめぐる物語
    知識のマシンガン状態。たった数種類の品目を語っているだけだが、とても吸収しきれない。それだけ品種の奥深さがあるのだなと実感した。
    普及の背景、たとえば名品種が最初から優等生だったことではないこと、生産方法の変化によって普及が進んだことなどは、ケーススタディ的に参考になる。
  • 植物はヒトを操る
    ベランダ園芸家でもあるいとうせいこう氏と、世界的な花の育種家の竹下大学氏の植物にまつわる対談集。

    昆虫に蜜を与える代わりに受粉という生殖作業をさせるという点からして、少なくとも植物は昆虫を操ってきたのだろうと感じていたが。
    さらに、実は人間だって植物に操られてきたのかも?と思わせる新たな視点が次々...続きを読む
  • 植物はヒトを操る
    いとうせいこうと育種家の竹下大学との対談。
    「植物からみた世界史」なんてあれば読んでみたいと思った。