「竹下大学」おすすめ作品一覧

「竹下大学」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/10/11更新

ユーザーレビュー

  • 植物はヒトを操る
    ベランダ園芸家でもあるいとうせいこう氏と、世界的な花の育種家の竹下大学氏の植物にまつわる対談集。

    昆虫に蜜を与える代わりに受粉という生殖作業をさせるという点からして、少なくとも植物は昆虫を操ってきたのだろうと感じていたが。
    さらに、実は人間だって植物に操られてきたのかも?と思わせる新たな視点が次々...続きを読む
  • 植物はヒトを操る
    いとうせいこうと育種家の竹下大学との対談。
    「植物からみた世界史」なんてあれば読んでみたいと思った。
  • 植物はヒトを操る
    読書録「植物はヒトを操る」3

    著者 いとうせいこう、竹下大学
    出版 毎日新聞社

    p152より引用
    “竹下 もともと芽に栄養はなくって、芽
    の外側にくっついている胚乳にあるわけです。
    つまり胚乳はエネルギータンクなんです。植
    物の赤ちゃんである芽を育てるお乳でもある。
    麦芽や発芽玄米が体に良いのは...続きを読む
  • 植物はヒトを操る
    対談本。解りやすく興味深い会話から、育種というものを知ることができます。
    とても面白く読んだのですが、所々に内容や流れをちゃんと汲んでいるとは思えないような図版があって、なんとなくいい加減な印象を受けてしまいました。
    挿絵依頼時の内容伝達や、画像のレイアウト等にもう少し力を入れていただけたら、せっか...続きを読む
  • 植物はヒトを操る
    あまりよく分かってなかった育種に関して、扉のノブをつかむ位のとこまで行けました。ホビーブリーディングに興味が向いたことは収穫だった。