「後藤明」おすすめ作品一覧

「後藤明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/12/13更新

ユーザーレビュー

  • 世界神話学入門
    各国・各地域の神話の類似性を人類の進出と照らし合わせて提言している。
    過去に読んだ本では日本神話は南洋系と類似性があるという話を神話の中身のみに着目していたが、遺伝子研究などで人類がアフリカを出発してからの軌跡に沿って神話を分析していた感じ。
    ゴンドワナ型とローラシア型の二種類に分類することが出来る...続きを読む
  • 海を渡ったモンゴロイド 太平洋と日本への道
    人類が太平洋に進出するのに、こんなドラマがあったとは、また日本列島も関係するのかと思うと大興奮だ。縄文時代や弥生時代にも、そういった東南アジアやオセアニアとの関係があるのだとしたら、今まで考えていた、朝鮮半島や中国との関係だけでないのだとしたら、日本列島の歴史も大いに見直さなければならないということ...続きを読む
  • 世界神話学入門
    仏教、キリスト教、オリエント文明ときたので、ついに世界の神話まで遡及。自然人類学にもとづいて、神話をローラシア型とそれより原初的なゴンドワナ型に区分し、それぞれに特色ある類型を分析する内容ですが、物語としての神話として構成されるローラシア型より、ゴンドワナ型に神話的思考を見いだすところに、著者に対し...続きを読む
  • 世界神話学入門
    アフリカを出た私たちは共通の記憶を携えながら世界各地に散っていった。ケルト神話に浦島太郎と共通のモチーフがあるなんて。
  • 世界神話学入門
    著者の後藤明(1954年~)は、南山大学教授の文化人類学者、考古学者。
    本書は、これまで、世界中の神話の類似点から様々な文化の伝播や系譜論が唱えられてきた中で、近年注目されるようになった、世界の神話の系統は大きく二つの流れに分けられるという「世界神話学説」について、世界各地の神話を比較しながら解説す...続きを読む