「岩崎日出俊」おすすめ作品一覧

「岩崎日出俊」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/07/20更新

ユーザーレビュー

  • 文系が20年後も生き残るためにいますべきこと
    【全体】
    未来を見据えた仕事との向き合い方を考えさせられる本でした。自分自身を見つめ直し、自分のために学び続けようという気持ちになります。
    タイトルだけを見ると、文系に限定した話のように見えますが、理系の人にも通ずるところはあるので、理系の人にもおすすめできる内容です。

    【本書をおすすめしたい人】...続きを読む
  • 残酷な20年後の世界を見据えて働くということ
    自分の将来を見通してみるためのヒントが詰まっている。人口様態、シンギュラリティ、徹底的に企業をリサーチして株価予想、グローバル資本主義、そういったものを噛み合わせながら、何をやりたいのかを考えたい。

    1番心に残ったのは、お金があって遠いところに手が届いても、深いところには手が届かないということ。肝...続きを読む
  • サバイバルとしての金融 株価とは何か・企業買収は悪いことか
    実にやさしい金融の本。
    日本には何がかけているのか、
    どうして日本の銀行はアメリカの銀行に
    遠く及ばないのか…
    これだけでもかなり分かるはずです。

    本当にこの本には学校でも
    社会でも教えてくれないことが
    たくさん出てきます。
    お金儲け、というものが決して汚いものではない
    というのがわかるはず。
    ...続きを読む
  • サバイバルとしての金融 株価とは何か・企業買収は悪いことか
    とても面白い。著者は環境が良かったと思う。興銀時代にビジネススクールに留学した仲間全員が帰国後も転職せず興銀に残ったというエピソードには感動。
  • 文系が20年後も生き残るためにいますべきこと
    三種の神器
    1.英語
    2.ファイナンス
    3.プログラミング
    この三つを手に入れることで、市場価値は格段に上がる、とか。
    英語はTOEICというある程度の基準が測れるものがあるが、プログラミングとかファイナンスについてはどうなのか。でもやっておくか。