吉村喜彦の一覧

「吉村喜彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/06/20更新

ユーザーレビュー

  • ビア・ボーイ
    吉村喜彦先生、お初。
    調べてみたら酒のことばっかり書いてらっしゃるのね、この方。
    好きかも。サントリーにお勤めの経歴。なるほどー。

    ビール片手に読むのにも適しておりまする。
    親父の世代が確かに「瓶ビール」だったわ。家にもあった。
    1ダースだっけ2ダースだっけ、あのプラスチックのカートン。
    子供心に...続きを読む
  • ウイスキー・ボーイ
    ビアボーイに負けず劣らず面白かった!
    仕事とは?という意味で、復帰前に読んでよかった。
    私はお酒が好きじゃないから、ウイスキーやバーボンの違いすらわからなかったけど、丁寧に解説してくれてるから、分かりやすかった。
    美談のような気もするけど、結局誠実に楽しく仕事を頑張れる、自分の芯を持ってそれを曲げず...続きを読む
  • ビア・ボーイ
    すごくタメになったし、物語としても本当に面白かった小説でした。
    これが実話なら、すごい経験をしてる人だなーと思う。
    人生は一度きりだから、好きなことを好きなように出来るように努力することも大切だ!
    仕事に疲れたりつまづいた時にまた読んでみたい。
  • ビア・ボーイ
    売らねば帰れぬ、東京へ──。ビール会社のエリート宣伝部から、突然、売上げ最低支店に飛ばされたオレ。待っていたのは小狡い上司と、だらけた空気。田舎のドブ板営業を舐めきっていたオレは赴任早々、得意先で大失態を演じてしまう……。ここで結果を出さねば本社へ帰れない。よし、売ってやろうじゃないか! アホな上司...続きを読む
  • ウイスキー・ボーイ
    ライバル商品の台頭、口だけの上司、社内政治に長けた同僚、みんなまとめてかかってこい!支店から本社の宣伝部に復帰した上杉。ウイスキーの売上は低迷し、会社が打ち出す販売戦略も迷走つづき。そんなとき、上杉の前に現れたのは、伝説のブレンダーだった。彼との出会いで会社のウソを知った上杉は、巨象相手の大勝負に出...続きを読む