佐田千織の一覧

「佐田千織」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/07/22更新

ユーザーレビュー

  • 巨神覚醒 下


    「これからもたらされる痛みを予想することは、しばしば痛みそれ自体に対処するよりもつらいそうです」

    「エヴァっていうのはスペイン語ではよくある名前だけど、両親が大好きだった日本のアニメにもそういう名前の巨大ロボットが出てくるんだって。昔のアニメよ。私は一度も見たことないけど」

    「これまでほんと...続きを読む
  • 巨神覚醒 上


    「知られていることには限りがあり、知られていないことは無限にある。知的観点からいえば、われわれは説明のつかない広大な海の真ん中の小島に立っている。われわれがすべての世代でやるべきなのは、海を埋め立てて土地をさらに少し広げることだ」

    「宇宙というのは、ほぼすべてのものが部分を寄せ集めた以上のもの...続きを読む
  • 巨神降臨 下
    モキュメンタリー文体で描かれたSF、第3部。
    SNSの実況に通じると看破した解説に、さもありなんと頷く大作だった。文句なしの星5つ。

    ただ、解説にて(意図的に書かなかったのか?)書かれなかったことだが、地球で起きた『収容所をめぐる一連の、非科学的極まりない差別』は『遺伝子』だけでなく『宗教、民族』...続きを読む
  • 巨神降臨 下
    三部作が無事に終了。最初の巻からは、予測のつかないところに収束したけれど、なるほどという終わり方だった。家族の話というのも納得だし、最後はほろっとさせられた。家族を焦点にしたために、中途半端になってしまった話もあるし、ともかく戦いが終わって良かった。(親子レベルでも世界レベルでも。)
  • 世界の終わりの天文台
    北極圏の天文台に自ら残った老博士と、木星探査から地球へ帰還中の宇宙船「アイテル」のクルーたち。地球に起こった何らかの異変により、両者とも他者との交信を断たれてしまう。非常に淡々とした文章だが、それがかえって物語を引立てる。北極圏の大自然と、宇宙船内のクルーたちの心の描写が美しく切ない。読み終えた後、...続きを読む