岡部敬史の作品一覧

「岡部敬史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2023/03/27更新

ユーザーレビュー

  • 目でみる日本史
    とても楽しく観て、読んだ。

    文字だけで知っていた歴史の一コマを
    写真で見ることで、
    その時代、その人の気分で
    眺めることができる。

    紹介されている場所へ、
    実際に訪れて、自分はどう感じるか
    どんな思いが生まれるのか。
    そんな想像することも楽しいひとときになった。
  • 目でみる日本史
    目で見る日本史って、そういう事かぁ!( ゚∀゚)歴史に疎いから「誰?(・_・;?」という人もいたけれど、「ほほう、ここが…( ・д・)」とか「あっ!ここは行った事があるよ(^^)」とページをめくるたびに楽しくなる♪そして誰かに見せびらかしたくなる(^o^;)
  • 将棋「初段になれるかな」会議
    『山口恵梨子(えりりん)の女流棋士の日々』で知ったさくらはな。さんたちが、高野秀行六段と行なった「将棋アマ初段になるためにはどうしたらよいか」の鼎談。まずは3マス×3マスを見る(いきなり大局観など身につかない)、藤井聡太の棋譜を読んでも難しすぎて勉強にならない(とはいえ、アマ級位者にも勉強になる棋譜...続きを読む
  • 見つける東京
    ふたりのたかしさんに感謝。東京の中にある歴史名所はけっこう年配者は知っているものだが、こんな切り口で紹介されているガイドは少ない。(唯一無二?)写真はとても楽しく、へぇーへぇー の連続でした。著者はもちろん、美しい写真を撮ってくださったたかしさんもすご腕。チャンスを待つのは大変だったことでしょう。こ...続きを読む
  • 目でみる数字
    コラム01より。
    みたらし団子の発祥地である京都では、1串に5つが一般的。「5」は頭と両手、両足の数に由来し、これを人形(ひとがた)として神前に捧げたのだそうです。
    「エクゾディアか?」と遊戯王を思い出しました。

    数字に関する豆知識が盛りだくさんの一冊。
    誰かに話したくなるなる。


新規会員限定 半額クーポンプレゼント!