南場智子の一覧

「南場智子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:南場智子(ナンバトモコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1962年04月21日
  • 出身地:日本 / 新潟県
  • 職業:実業家

津田塾大学英文学科卒。ハーバード大学大学院修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパンで役員就任後、1999年株式会社ディー・エヌ・エー設立、代表取締役に就任、2011年退任。2003年、内閣IT戦略本部員に就任。著書に『不格好経営―チームDeNAの挑戦』がある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/20更新

ユーザーレビュー

  • 不格好経営
    知人がDeNAに勤務して、「コトにあたる」「仕事で青春」といっている記事をみて、気になって手に取る。
    少しその意味がわかったし、最近読んだ本では珍しく(ひさしぶりに)エキサイティングだった。

    【仕事への向き合い方、本を書くことへの向き合い方】
    ・失敗を描く方が本質的だし役に立つ。
    ・書くことで伝え...続きを読む
  • 不格好経営
    タイトル通り、
    ・リリース直前にコードが一行もないことが発覚
    ・リリース後はおざなりなシステムメンテナンスが多発
    ・サービスがうまく伸びきらずNo. 1を諦める
    など、「不格好」な経営の中でDeNAという会社が生まれたんだと気付かされる一冊。

    特に南場さんはマッキンゼー出身であることもあり、「不格...続きを読む
  • 不格好経営
    熱い気持ちと情熱が伝わってくるいい本でした。
    高い目標に向かって全力を尽くし、ものごとを達成していく喜びと高揚感。ワクワクというか、ゾクゾクしてくる。
    経営はキレイ事ばかりではなく、むしろ泥臭いことだらけ。そんななか、優秀な人材を惹きつけるDeNA、不格好どころかカッコいい。
  • 不格好経営
    マッキンゼー上がりのスマートな経営が執り仕切られるかと思いきや、そこは苦難の連続だった。黎明期のベンチャー企業ならではの、ゴツゴツ・アツアツ・スリリングな経験が赤裸々に綴られている作品。南場さんの熱量がありありと伝わってくる
  • 不格好経営
    文章から人柄が滲み出ていて、一気に南場さんのファンになった。
    温かく、まっすぐで、人に対する愛情が深い人なんだと思う。仲間にしたい相手に対して、ノウハウやテクニックを弄するのではなく、全力で口説く、誠実に口説くというのは、単純なようでいてプライドが邪魔をすればたちまちできなくなる。
    どれだけ能力が高...続きを読む