「岡田秀文」おすすめ作品一覧

「岡田秀文」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/04更新

ユーザーレビュー

  • 応仁秘譚抄
    応仁の乱
    ぐだぐだで、きっかけも展開も、終点も
    消化不良になるけど、日ノ本を混乱に導いた大乱
    3つの視点で重層的にみせられた真実と
    義政によるどんでん返し・・・いい
  • 秀頼、西へ
    推理小説を読んでいる様な面白さ!さすが岡田秀文さんです。

    『秀頼、西へ』は改題で元タイトルは『落ちた花は西へ奔れ』。
    タイトルに秀頼の名前が入ってますが、主人公は真田大助。でも秀頼好きのひとにも
    充分楽しめる内容かと!

    この小説はあんまりネタばれというか、ストーリを書きたくない感じです。
    なんと...続きを読む
  • 太閤暗殺
    関白の座を巡って勃発した、秀吉側近 石田三成・前田玄以VS秀次側近 木村重茲・盗賊頭 石川五右衛門の激しいバトルが最後まで止まりません。
    ハイスピードな展開かつ読みやすいので、一気読みしてもそんなに時間かからないかも。
    岡田氏お得意の「だれが敵で誰が味方かわからない」展開が最後まで面白い。
    あと、三...続きを読む
  • 秀頼、西へ
    「花のようなる秀頼様を、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり鹿児島へ」の唄がモチーフの話。 真田大助かわいい^^ かっこいい秀頼がいます。 しかしどういうことか・・・問題児はみんな鹿児島を目指すのか・・・
  • 帝都大捜査網
    ‪昭和の東京が舞台のミステリー。謎の連続殺人事件が起きて警察が捜査するわけだが割と序盤で事件の全貌は明らかに。トリッキーな形の倒叙が面白い。だが、そうなると物語はどこに向かうのか?計画外の方向に進む連続殺人と少しずつ真相に迫る警察、からのラスト1行!もう一度読み返したくなるはず。‬