秀頼、西へ

秀頼、西へ

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

戦国末期。天下を手中にしようとしていた徳川家康は、大坂城に配下の者を忍び込ませた。一方、真田大助は、父・幸村より、落城の際には秀頼を連れ出し落ち延びよ、という密命を受ける。目指すは薩摩、島津家の元。燃えさかる大坂城を脱出した一行は西へ――。誰が味方で誰が敵なのか? 行く手には、想像を絶する謀略が待ち受けていた! 迫真の傑作時代ミステリー!(『落ちた花は西へ奔れ』改題)

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年11月19日
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月06日

推理小説を読んでいる様な面白さ!さすが岡田秀文さんです。

『秀頼、西へ』は改題で元タイトルは『落ちた花は西へ奔れ』。
タイトルに秀頼の名前が入ってますが、主人公は真田大助。でも秀頼好きのひとにも
充分楽しめる内容かと!

この小説はあんまりネタばれというか、ストーリを書きたくない感じです。
なんと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月27日

「花のようなる秀頼様を、鬼のようなる真田が連れて、退きも退いたり鹿児島へ」の唄がモチーフの話。 真田大助かわいい^^ かっこいい秀頼がいます。 しかしどういうことか・・・問題児はみんな鹿児島を目指すのか・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月04日

豊臣秀頼が、大坂の陣の大阪城落城の際、薩摩に逃れたという伝承は確かに、存在するらしい。
しかも、その伝承は、歌となって存在してると以前聞いたことがあろが、真田幸村が共にしたとされる。
真田幸村といえば、徳川家康を追い詰めて、そのあと力尽きたところを討たれたとされるが、影武者が多く存在されたと言われて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月22日

(「落ちた花は西へ奔れ」改題)
誰が味方で誰が敵で、真実はどこにあるのか、最後まで読み進まないとわからない話。秀頼が薩摩へ逃れたという伝説を題材に、大坂方、徳川そして島津、各人の思惑入り乱れ、葛藤、策謀、離反…と正に時代ミステリー小説。話は少女の目線で戦から帰ってきた父が別人に入れ替わっていたという...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年04月12日

あんまり期待してなかったんですが、結構面白かった。
大坂夏の陣で秀頼を大坂城より脱出させるのだが、誰が敵で誰が味方か分からず最後までハラハラドキドキの展開。
一度読む価値ありです。
著者の他の書籍も読んでみようと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play