「山中朝晶」おすすめ作品一覧

「山中朝晶」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/15更新

ユーザーレビュー

  • 眠る狼
    カテゴリは”ハードボイルト”と迷わず選べる、カチカチのハードボイルト。
    最近は、サイコ的な味付けや派手なアクション場面がウリの作品が多くなってきて、それはそれでいいのだけどこういう硬派な作品が少なくなってきているので嬉しい一作。

    10年ぶりに祖父の連絡で軍から帰省してきた主人公の目の前で祖父が襲わ...続きを読む
  • ピルグリム〔3〕 遠くの敵
    なんて壮大なスケールなんだろう!読み終わった今〈ピルグリム〉に心から感謝している。もう少し余韻に浸っていたい。優れた本て、こういうこと。読後の余韻が心を満たし、元気にさせる。息つく間もない展開に、心臓は早鐘のようにドキドキしっぱなしだったけど、読者としての旅は終わった。お疲れ様〈ピルグリム〉。あなた...続きを読む
  • 眠る狼
    グレン・エリック・ハミルトン『眠る狼』ハヤカワ文庫。

    タイトルに惹かれて購入。帯に書かれたリー・チャイルドの『初球ホームランだ!』という言葉が、この作品の全てを見事なまでに表現している。デビュー作とは思えない程の巧みなプロット、伏線、予想外の結末と、驚く程の完成度なのである。作品全体の雰囲気として...続きを読む
  • ピルグリム〔1〕 名前のない男たち
    全3巻のまだ1巻目。ここでは主人公の生い立ちと、彼の書いた本が縁で知り合った、9.11貿易センターでの出来事がトラウマになった警察官との交友などが描かれる。同時進行で父親をサウジアラビアで処刑された14歳の少年がテロリストになる様を克明に綴っていく。世界を舞台にこれから何が起こるのか。読んだ後すぐに...続きを読む
  • ピルグリム〔3〕 遠くの敵
    近年のスパイ/冒険小説の衰退に憤りを感じていたファンの渇きを一気に癒やす紛れも無き傑作。三分冊の大長編にも関わらず、中弛みや無駄なエピソードの類は一切無く、凄まじいテンションを保ったまま終盤まで疾走する。散りばめられた枝葉が最終的には全てが関連付けられて永い年輪を重ねた巨木へと収束し、その緻密で鮮や...続きを読む

特集