西牟田靖の作品一覧

「西牟田靖」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/11/30更新

ユーザーレビュー

  • ニッポンの国境
     動物が自分の縄張りを必死で守るように、領土・領海・領空とは、もとを正せば縄張りのこと。縄張りの境界が国境線。もっとも首都圏領空のかなりの部分や米軍基地のある領空は今もアメリカの管制下にある。また、サハリン、台湾、韓国、ミクロネシアなど日本統治のあしあとが沢山残っているし、日本語を話す人も多い。西牟...続きを読む
  • 本で床は抜けるのか
    本で床は抜けるのかということから始まる本の収集保管にまつわるエッセイ、取材記。
    直接的な原因ではないかもしれないが、最後は著者は離婚してしまう始末。
  • 本で床は抜けるのか
    ごく普通のアパートの二階で、大きめの本棚から本が溢れだした時にふとよぎった「床抜けたらどうしよう」。そこから色々調べているうちにこの本に出会った。
    読み始めた瞬間、私の不安はほぼ杞憂となった。あまりにも登場する人々のレベルが違う。蔵書の桁が違うのだ。
    増え続ける本と戦う人々の苦悩と解説でも言われてい...続きを読む
  • わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち

    連れ去りビジネスとその被害者

    友人に連れ去りをされた人がいて話を伺い、自分も他人事でないように思われたので読んだ。
    男にも問題があり、というところもあるんだろうけど、法律は一方的に女性有利であり、男は司法制度に頼れないためそれ以外の道を模索するしかないということかと。。。結局、誤った人と結婚した時点で、その人の人生は墓場行き。...続きを読む
  • わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち
     自分にも関わりのある問題であるため、前のめりで興味が尽きず一気に読み終えた。自分の問題を差し引いたとしてもドラマ性が高く、言葉にするのは気が引けるが凄く面白い。

     痴漢冤罪のようにDV冤罪が悪用されており、客観的にDVを判断することなく措置がなされることが大問題だ。そして悪徳弁護士とDVシェルタ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!