「泉谷渉」おすすめ作品一覧

「泉谷渉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:泉谷渉(イズミヤワタル)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:ジャーナリスト

中央大学法学部政治学科卒 。著書に『世界が驚くニッポンの医療産業力』、『こころから感動する会社』などがある。

作品一覧

2018/05/25更新

ユーザーレビュー

  • 素材は国家なり 円高でも日本経済の圧倒的優位は揺るがない
    素材の力の偉大さがわかる本。
    主に鉄鋼業についてだが、具体的な事例を出して展開していくので、読みやすいです。

    なかでも超電導ケーブルが気になった。
  • 日本vs.アメリカvs.欧州 自動車世界戦争―EV・自動運転・IoT対応の行方
    泉谷氏が将来の自動車がどうなるのかについて、ご自身の取材をもとに書き上げた本です。彼の本はこれで4冊目となりますが、今までに読んだのは同じく興味を持っている、シェールガス・オイルに関する本でした。綿密な取材をベースに書かれた本だと記憶しています。

    今回のテーマは将来の自動車はどのように変化していく...続きを読む
  • 日・米・中 IoT最終戦争―日本はセンサーとロボットで勝つ
    日本の製造業は、IoTが進行する中でセンサーとロボットで圧倒的な世界トップのシェアを維持するらしい。そうなればいいと思う。
  • 1秒でわかる!半導体業界ハンドブック(完全版)
    DRAM(PCのメモリなど)の唯一の日本企業である「エルピーダメモリ」が、会社更生法の適用を申請しましたね。

    大変、残念な事態です。

    業界筋で有名な体育会系の坂本社長も、さぞご無念の事でしょう。。。

    韓国勢に惨敗なのが、さらに悲しいところです。

    そんな半導体業界にスポットを当てた書籍です。
    ...続きを読む
  • 世界が驚くニッポンの医療産業力―世界制覇を狙う驚愕の技術開発最前線
    東芝やソニー、オリンパス、そしてたくさんのベンチャーなど、
    いろんな企業がどのような戦略で医療を企業の柱として
    育てていくのか、を取材などを中心としてまとめてある本だった。
    著者がもともと半導体を取材する人だったようで、
    半導体を中心とする従来産業と医療の接点が多く書かれてあって、
    とても参考になる...続きを読む