志村有弘の一覧

「志村有弘」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/02/09更新

ユーザーレビュー

  • 名作 日本の怪談 四谷怪談 牡丹灯籠 皿屋敷 乳房榎
    「四谷怪談」
    この角川ソフィア文庫の「四谷怪談」は、鶴屋南北の「東海道を底本としている。
    この「四谷怪談」を読んでから、調べてみると、90年代にか、幾つかのバリエーションの映画が公開されましたが、それ以前から幾つかのバリエーションが存在したようである。
    また、もととなる史実もあったようだ。

    技巧に...続きを読む
  • 耳袋の怪
    "江戸時代に起こった実際の話をまとめた「耳袋」のうち、不思議な現象だけをまとめた一冊。
    動物や植物、幽霊などの章にまとめられて一つ一つの話はとても短い。
    遠野物語のような感覚で気軽に読める。"
  • 耳袋の怪
    あそこにこういう人がいて、どこそこでこんなことがあった。誰々が語るところを記したものである。
    みたいに殆んど眈々と語られていて、落ちや感想が少ない分、妙に真実味がある。
    今となって有名な昔話となっているものもあり、時代小説の元ネタになったものもあり。
  • 耳袋の怪
    古文で読みたいー古文で読みたいー

    あ、これ知ってる、と思ったものが大抵千葉の民話なのがなんとなく面白い。地元の昔話を幾つか知っていることが、自分の人間性に奥行きを持たせてくれるような気さえします。気のせいなんでしょうけど、ふしぎ。
  • 江戸怪奇草紙
    ご存じ「怪談 牡丹灯籠」から「妖怪談 稲生物怪録」まで。「日本人は概して怪奇譚を好む性質を有している。」とあるけれど、そうだとすれば、私も立派な日本人だ。かなり読み易い現代語訳。読み易すぎて、些か「怖さ」が減じた感はあるけれど。

特集