「中倉玄喜」おすすめ作品一覧

【中倉玄喜】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/02/13更新

ユーザーレビュー

  • 無病法 極少食の威力
    現代の様子を、もしコルナロ氏が見たら、きっと驚くでしょう。
    殆どの人が病人ではないかと、腰を抜かすに違いありません。
    そして、今の食品事情を見て、「これは、本当に食べ物なのか?」
    と訝しく思うに違いありません。
    自然なものとは、かけ離れた食べ物が、溢れるように手に入る光景を見て、
    異様にうつるのでは...続きを読む
  • 無病法 極少食の威力
    食養など色々読みあさっているうちにこの本に出会う。
    素晴らしい!本書にもあったが「座右の銘」として常に手元に置きたい。そう思う内容。
    きっと翻訳が素晴らしいのだと思う。翻訳者も「食養研究家」との事。
    色々勉強中だが繋がった感が有る。
    ルイジ・コルナロの本をもっと読みたいと思ったが翻訳されている物が見...続きを読む
  • [新訳]ローマ帝国衰亡史・上<普及版>
    以前から興味があったギボンによるローマ帝国衰亡史。
    上下巻で約700ページほど。アウグストゥスによる帝政ローマ開始から、東ローマ帝国の滅亡までを綴っている。よって、共和政時代の話は出てこない。

    基本的に歴史書として、時代を追って各皇帝の事績や当時の帝国の情勢などが綴られているのだが、著者(ギボン)...続きを読む
  • [新訳]ローマ帝国衰亡史・下<普及版>
    以前から興味があったギボンによるローマ帝国衰亡史。
    上下巻で約700ページほど。アウグストゥスによる帝政ローマ開始から、東ローマ帝国の滅亡までを綴っている。よって、共和政時代の話は出てこない。

    基本的に歴史書として、時代を追って各皇帝の事績や当時の帝国の情勢などが綴られているのだが、著者(ギボン)...続きを読む
  • 無病法 極少食の威力
    ルネサンス期以前から、少食による健康増進効果は認められていたことが本書を読んでわかりました。
    やはり食を慎むことは生きていく上で大切なことなんだと思いました。
    しかし、病気になって命の危険を実感した人々でなければ、こういう本は手にとってくれません。
    利益や効率を追求する現代社会でこの本に出会えたこと...続きを読む