「R・D・ウィングフィールド」おすすめ作品一覧

「R・D・ウィングフィールド」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:R・D・ウィングフィールド(ロドニーデイヴィッドウィングフィールド)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1928年06月06日
  • 出身地:イギリス
  • 職業:作家

『冬のフロスト』、『クリスマスのフロスト 』、『フロスト気質』などの作品を手がける。

作品一覧

2013/12/13更新

フロスト日和
  • ブラウザ試し読み

夜のフロスト
  • ブラウザ試し読み

クリスマスのフロスト
  • ブラウザ試し読み

冬のフロスト
  • ブラウザ試し読み

フロスト気質
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • クリスマスのフロスト
    『フロスト』大好き!
    もう~おもしろくて、おもしろくて・・・全巻クリアするぞ!と意気込んだのもつかの間・・・2~3年前に著者のR.Dウィングフィールドさんが亡くなっていたことを知り、かなり落ち込んだ。原本が翻訳されいないものもあるようなので、1冊残らず翻訳されることを希望し、また遺作として最後までき...続きを読む
  • フロスト気質 上
    何年ぶりか、というほど待ったフロスト警部シリーズ第4弾(かな)。
    作者のウィングフィールド氏はすでにこの世を去っているので、あと2作あるという作品でこのシリーズは強制的に終わってしまうのが悲しい。
    けれど、フロストにはたくさん、早く会いたいので、早く翻訳してほしい。

    相変わらず、下品、お下劣、不...続きを読む
  • 夜のフロスト
    「クリスマスのフロスト」「フロスト日和」に続くフロスト警部シリーズ第3弾。過去2作はそれぞれ「週間文春」、「このミステリーがすごい」のランキングで1位を獲得した作品である。
    不屈の仕事中毒(プライベートの時間が描かれたことがない)、下品きわまる田舎町デントンの名物警部フロスト。
    次々と降りかかる...続きを読む
  • 冬のフロスト 下
    お気に入りのフロスト警部シリーズの今のところ最新の邦訳版。本を読んで思わず笑ってしまうことは、めったにないが今回は笑わしてもらいました。ただ、描かれる事件は笑えるような事件ではなく、それも同時進行で、多発するのだが、最後は全て解決してしまうという、作者はどうやって書いているのかと不思議に思う。これが...続きを読む
  • 冬のフロスト 下
    よくもこんなに事件が起きるな、と思います。
    それにしてもこのシリーズは、日本語の表現が多彩です。横紙破り、業腹、身空などは普段使わないので勉強になりました。また「掛り合いになりたくない」はずっと「かかわり合いになりたくない」と思ってました。。。訳も秀逸で楽しめるミステリーだと思います。
    あと1シリー...続きを読む

特集