「若田部昌澄」おすすめ作品一覧

「若田部昌澄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/08/31更新

ユーザーレビュー

  • ネオアベノミクスの論点 レジームチェンジの貫徹で日本経済は復活する
    副総裁になられた方の2015年の著書を読んでみた。ザ・ボイスで高橋さんやら、宮崎さんが散々語ってきた理論や学者の名前がたくさん出てきてニヤリとします。
    後半は60年代の成長期の経済政策を巡っての石橋湛山と都留重人の争いに触れらてますが、これが面白い。このころから日本的な経済的な左右がイデオロギー的な...続きを読む
  • ネオアベノミクスの論点 レジームチェンジの貫徹で日本経済は復活する
    2015年刊行ですが、当時のアベノミクスに対するよくある間違った批判に対しての第2章でその答えが記されています。これからの、アベノミクスがネオアベノミクスとして効果を表すための処方箋や、過去のリフレ政策の歴史も学べるようになっています。
  • ネオアベノミクスの論点 レジームチェンジの貫徹で日本経済は復活する
    副題にあるとおりレジームチェンジの貫徹で日本経済は復活するという主張。コンパクトな新書ながら、アベノミクスにおける消費税増税の失敗からいかに脱却し、新しいアベノミクス(ネオアベノミクス)を実現していくかについて、池田勇人の時代に実現した「オープンレジーム」(詳細は、117ページの表3−1を参照)を基...続きを読む
  • 伝説の教授に学べ! 本当の経済学がわかる本 勝間和代が本気で勉強したかったとても大切なこと
    勝間さんは表紙の角度が一番美しいと思います。 それは置いといて。

    イェール大学名誉教授の浜田先生が今回の増税に対するコメントを時事ドットコムに曲解された、という勝間氏のブログからリファレンス。浜田先生が、かつての教え子にあたる前日銀総裁 白川氏にあてた書簡で幕を開け、高橋是清にはじまる日本の近代経...続きを読む
  • もうダマされないための経済学講義
    とても面白い経済講義の本です。マスコミ受けするタレント経済評論家とは違い学術的に経済の流れを説明して見えます。今の経済を語るのは、トレードとインセンティブなんですね。30年前の経済学とは偉い違いです。アベノミクスを理解するためにもご一読あれ。