「野口武彦」おすすめ作品一覧

「野口武彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/12/25更新

ユーザーレビュー

  • ―明治めちゃくちゃ物語―維新の後始末
    あらためて、明治維新は紛れもなく革命だった。その中には3つの革命を孕んでいる。
    ①政治権力を徳川幕府から奪った政治革命。
    ②廃藩置県という、もうひとつのクーデターで封建支配層の力を骨抜きにした社会革命。
    ③その総仕上げとし、職業としての武士を潰した秩禄処分を断行した経済革命。

    多くの血が流れた上に...続きを読む
  • 鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間
    鳥羽伏見の戦いは幕末期における天下分け目の合戦だったのに、その戦況の推移を詳しく知っている人はそれほどいない。学校でもさらりと流して終わるし、鎖国により兵器の近代化に遅れた保守的な幕府が、いち早く開明し軍備を近代化した薩長に負けたという図式でいつも語られる。本当にそうなのか?という疑問にこの本は答え...続きを読む
  • 鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間
    改めて鳥羽伏見が維新期におけるターニングポイントであったことがわかる。鳥羽伏見以前において慶喜はまだ権力を放棄する意思はなく、在京の薩長の兵力は幕府の兵に比べて少数で、薩長の頼みとする土佐藩は日和見な態度であった。そのような環境の中では、その後の権力が幕府に転がるのか薩長に転がるのか不透明な状態だっ...続きを読む
  • 大江戸曲者列伝―幕末の巻―
    ちゃんとした文献を基に、こんな軽い文章を書けるなんてとある意味感動した本。野口氏が「ラブラブ」という言葉を用いていてびっくりした(笑)。
    書かれている事は知らない事も多くて面白かった。教科書に載っているような有名な歴史人物も、感情移入せずにピリッとスパイスを利かせて紹介しているので自分で調べてもっと...続きを読む
  • ―明治めちゃくちゃ物語―勝海舟の腹芸
    大村益次郎はやはりすごいんだな。ストーンウォールをアメリカから渡されないとなると、その資金を上野の彰義隊掃討につかって半日で決着つけてる‥とは。