古賀茂明の一覧

「古賀茂明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年9月号

作品一覧

2020/08/07更新

ユーザーレビュー

  • 官僚の責任
    官僚を追い出された改革派とよばれた元官僚による、霞が関で官僚がどのような思考回路で働き、問題があるのか述べられた本です。
    縦割り行政にようる構造から、官僚は国益ではなく省益のために動こうとすることで、全体的に俯瞰して政策を作ることができなかったり、同じ目的で作る機関を2つの省が同時に作ることで無駄な...続きを読む
  • 日本中枢の崩壊
    まずは、これだけの本を実名で書いた勇気を讃えなければならない。
    これだけで、五つ星。

    自分は官僚の方々とのお付き合いも多いので、その生態については分かっているつもりではあったけれど、やはり驚くこと多数。

    特に驚いたのは、財務省の国税庁を通じた支配。恣意的な操作はもちろん、ダブルバインド状態を創り...続きを読む
  • 利権の復活
    政官民の利権、古き昔からの変わらない実態。
    特に官僚の天下りの酷さ。
    政官のレトリックには騙されない。
    もう、何も信ずるものはない!
    日本はお終い!日本死ね!
  • 日本中枢の狂謀
    これこそ、暴露本。いかに日本国家の中枢が腐りきった輩で成り立っているのかがわかる。
    金持ち最優先!
    少子高齢化に向かうのに軍事立国化するとは、狂気の沙汰だ。
    誰がこんな国を守れるか?
    日本には未来はない、悲しいかな。
  • 日本中枢の狂謀
    記憶では3・11後ほどなくして「日本中枢の崩壊」を読み、経済産業省はじめ日本の政治・官僚システムの腐敗ぶりに驚かされた記憶があるが、大震災を国民一丸となって乗り越える機運が高まっている時期にあったため、お上にも改善の流れがくると期待していたが甘すぎた。
    あれから6年経って、結局は個人の利益追求ばかり...続きを読む