利権の復活

利権の復活

作者名 :
通常価格 699円 (税込)
紙の本 [参考] 820円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「私たちの暮らし向きがよくなるかも。安倍さん、抵抗勢力に負けずにガンバレ!!」――多くの日本人はいま、安倍総理の改革に期待を膨らませているはずだ。東京へのオリンピック招致も決まり、消費増税アレルギーはどこへやら、自民党政権はますます追い風に乗っている。ところが……。そんな安倍人気の背後で、官僚・族議員がいま、利権の温存・拡大をめざして不穏な動きを活発化させはじめた。いや、その安倍人気こそが、巧妙に仕組まれた出来レースの可能性があるのだ。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2013年11月08日
紙の本の発売
2013年10月
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

「利権の復活」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年03月02日

同感の部分と、そうでない部分とありますが、著者の訴えは「まず自力で考える」にあると思います。「ウソつきは泥棒の始まり」と言われてきたのに、世の中はそうでもなく、「レトリック」に溢れています。何も永田町や霞ヶ関だけではないでしょう。自分だって使っているかもしれませんね。頼れるリーダーも信頼できるマスコ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月21日

安倍批判で「報道ステーション」を降ろされたと噂の古賀茂明さんの本を読んでみた。官僚のレトリック、安倍政権のレトリック、橋本徹のレトリックなど、巧妙なレトリックに、物事を見極めることの大切さを再認識。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月04日

安倍政権およびアベノミクス、TPP、原発問題、汚染水、橋本知事、憲法改正等をテーマに、「国民は実はこんなふうに騙されている」という詐術の手の内を著者が明かす。
この本のベースにはきっと膨大なデーターがあるに違いなく、多くの国民にこそ読んでもらいたいはずなのに、ここでも取り上げられていないのは怖いもの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月01日

古賀さんはきっと優秀なんだろうし、この本は日経新聞読むよりずっといいと思うけれど、なんか小役人って印象が拭えない。経産省でも両極端の評価のようだけど、出る杭は打たれるけど、出過ぎる杭は打たれないと思うし、もっと強いエネルギーを感じたかった。うちの父は、古賀さんをただの評論家と言っていたが、世間の認知...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月23日

原発・TPP・憲法改正・アベノミクス・外交と、官僚と族議員の利権の復活に警鐘を鳴らす。
古賀氏の内部告発的内容は納得できる面も多いが、TPPの章における結論は、新自由主義的規制緩和ということだとしたらちょっと残念。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,943

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!