「高野悦子」おすすめ作品一覧

「高野悦子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/09/23更新

二十歳の原点
  • ブラウザ試し読み

二十歳の原点 [新装版]
  • ブラウザ試し読み

二十歳の原点序章
  • ブラウザ試し読み

二十歳の原点序章 [新装版]
  • ブラウザ試し読み

二十歳の原点ノート
  • ブラウザ試し読み

二十歳の原点ノート [新装版]
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 二十歳の原点 [新装版] 二十歳、最後の日記
    ラジオで、紹介されて読みました。
    十代の今、読んで良かったなって思います。

    彼女は、孤独に殺された

    そのように感じました。
  • 二十歳の原点
    周囲との自分との徹底的な対話と葛藤の末に凝縮される、強烈で真っすぐな生きることの「匂い」。
    学生運動の時代だろうが現代であろうが、その本髄は変わらないように思える。

    自分が20歳のころ、果たしてこんなに何かとぶつかり合うことはできていたのだろうか。ぶつかり合ったその感覚を、こんなにも言葉にすること...続きを読む
  • 二十歳の原点序章 [新装版] 十七歳から十九歳の日記
    「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」

    1969年6月、立命館大学の学生であった高野悦子が自ら命を絶った。享年20歳。『二十歳の原点』は彼女が書き残した日記である。1969年1月2日、20歳の誕生日からそれは始まる。

    立命館大学文学部に入学した後、彼女は読書やアルバイト...続きを読む
  • 二十歳の原点ノート [新装版] 十四歳から十七歳の日記
    「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」

    1969年6月、立命館大学の学生であった高野悦子が自ら命を絶った。享年20歳。『二十歳の原点』は彼女が書き残した日記である。1969年1月2日、20歳の誕生日からそれは始まる。

    立命館大学文学部に入学した後、彼女は読書やアルバイト...続きを読む
  • 二十歳の原点 [新装版] 二十歳、最後の日記
    「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」

    1969年6月、立命館大学の学生であった高野悦子が自ら命を絶った。享年20歳。『二十歳の原点』は彼女が書き残した日記である。1969年1月2日、20歳の誕生日からそれは始まる。

    立命館大学文学部に入学した後、彼女は読書やアルバイト...続きを読む