「樋野興夫」おすすめ作品一覧

【樋野興夫】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/24更新

ユーザーレビュー

  • がん哲学外来へようこそ

    がん患者の相談所というから、治療法などについての相談かと思ったら、ごく普通の悩みばかりだった。がん患者も普通の人間だからだ。だから、苦しい時(例えば、がんになった時)こそ自分の役割を考える、そうすると品性が鍛えられる、という話は身に染みた。

    Posted by ブクログ

  • 明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい

    2015年の58冊目です。

    順天堂大学医学部の「がん哲学外来」の病理学者:樋野興夫さんの著書です。
    がん患者さんに”言葉の処方箋”を送り、生きる希望を与えている医師の「命」
    に対する考え方=哲学が簡潔な言葉で、収められた本です。
    がん患者さんでなくても、多くの箴言として受け取れるものがあります。
    ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい

    順天堂大学医学部教授。病理学者として人の死に向きあってきた著者が、研究室を飛び出して作った「がん哲学外来」。そこで出会った人たちとの語らいの中で感じたことやかけてきた言葉を綴った本です。

    どこから読み始めてもいい本だなと思います。立ち止まって考えることが大事だということ、余裕を持って生きることの大...続きを読む

    Posted by ブクログ