西田浩の一覧

「西田浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/23更新

ユーザーレビュー

  • ロックと共に年をとる
    読んで共感!
    あの頃のロックって、なんか“人間”っぷりが
    前面に出てていい~んだな。
    だから、ミックだってジミーだって
    年取っても魅力が継続してていい~んだよ♪
  • 秋吉敏子と渡辺貞夫(新潮新書)
    登場人物のほとんどは既知だった.両者の活躍を単純に辿るだけでなく、時代背景や大物とのやり取りの詳細も楽しめた.最後に出てくる 甲田まひる、曽根麻央、福盛信也、石若駿、桑原あい、黒田卓也、挟間美帆らの活躍を期待したい.
  • 秋吉敏子と渡辺貞夫(新潮新書)
    ジャズやっているわりにあまり知らない大御所方だったので、勉強がてら読んでみました。
    進駐軍向けのジャズから渡米を経て今に至るまでのお二人の歩みだけでなく、途中関わったジャズアーティストなど交えて説明があり、日本のジャズに非常に影響を与えていた方々だというのがよく分かりました
  • ロック・フェスティバル
    1997年フジロックからのメジャー・フェス史を概観できる。反面教師としてのサマソニ。SNS時代のフェスは「小さく生む」ことでミドルボディを育てるかもしれない。
  • ロックと共に年をとる
    80〜90年代が青春な者として、70年代のロックと共に過ごした年代の方には羨望を抱かざるを得ません。ワクワクしながらCDを選んだあの若かりし日の情熱は今ではありませんが、やはり聴くのは70年代ロックが多いです。隙間が多くてガチャガチャしてて、決して端正ではない音が一番好きです。

    今は音楽だけではな...続きを読む