秋吉敏子と渡辺貞夫(新潮新書)

秋吉敏子と渡辺貞夫(新潮新書)

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

なんだ、この音楽は――ジャズの魅力に取りつかれてから、70年以上。1929年生まれの秋吉敏子と1933年生まれの渡辺貞夫は今なお演奏活動を続ける。ジャズとの出合い、アメリカでの修業、そして世界的ミュージシャンとしての栄光――戦後日本ジャズ史に重なる2人の人生を、本人達への長年の取材を基に描き出す。ペギー葉山、山下洋輔、原信夫、渡辺香津美ら、レジェンドたちの証言も満載。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2019年08月23日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

秋吉敏子と渡辺貞夫(新潮新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月11日

    登場人物のほとんどは既知だった.両者の活躍を単純に辿るだけでなく、時代背景や大物とのやり取りの詳細も楽しめた.最後に出てくる 甲田まひる、曽根麻央、福盛信也、石若駿、桑原あい、黒田卓也、挟間美帆らの活躍を期待したい.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月23日

    ジャズやっているわりにあまり知らない大御所方だったので、勉強がてら読んでみました。
    進駐軍向けのジャズから渡米を経て今に至るまでのお二人の歩みだけでなく、途中関わったジャズアーティストなど交えて説明があり、日本のジャズに非常に影響を与えていた方々だというのがよく分かりました

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています