早川いくをの一覧

「早川いくを」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/18更新

ユーザーレビュー

  • 怖いへんないきものの絵
    こういう企画は大好きです。
    中野京子先生の
    西洋美術史への造詣の深さ と
    早川いくを先生の
    あらゆる生き物への愛情深さ とが
    見事にコラボレイトされていて

    いゃあ
    面白いこと この上ない

    噺(!)のリーダーシップを
    早川さんがとっているのも
    この一冊を
    より一層面白くしている要因になってい...続きを読む
  • 怖いへんないきものの絵
    『魚に説教する聖アントニウス』の二段構えの章立てに遊び心を感じる。いい意味での「素人目線」による「この変な生き物、何?」という素朴な疑問を解きほぐしていくため、初心者向けだし、興味をそそられる。全体写真や「変な生き物を切り出した」部分写真、文章の分量や内容自体もちょうどよい。
  • へんないきものもよう
    表紙がいきなり黄色い顔に赤い巨大な目…にみえる蛾の模様。
    ページを開くといきなり白地にイボイボ。これは貝殻(白地部分)の外側を貝の中身が出てきてるんだそうだ。この貝の中身が出す分泌液で貝殻が育つらしいが、普通は弱い階の中身を強い貝殻で覆うもんじゃないのかい。

    まあそんな感じで、へんな模様の生き物と...続きを読む
  • カッコいいほとけ
    めっちゃカッコいい寺西晃さんのイラストに
    めっちゃわかりやすい早川いくをさんの解説が載ったほとけ本。

    久々に良い仏本に出逢えたって感じ♪
    読みやすくてテンションの上がる1冊でした。

    ほとけはまだまだいるので続編を強く希望します!
  • うんこがへんないきもの
    予約時にタイトルを告げる時、
    若干感じた恥じらいを、
    読後は逆に恥じた。

    表と裏。
    双方、平等に把握しなきゃ
    世の中上手く回っている仕組みがわからないまま。

    きたないものに蓋をして、
    きれいなものだけみていたら、
    いつまでたっても
    本当はつかめない。

    早川氏の軽妙な語り口と、
    寺西氏のリアルラ...続きを読む

特集