「高田侑」おすすめ作品一覧

「高田侑」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/04/29更新

ユーザーレビュー

  • うなぎ鬼 3巻

    全巻通して

    怖かったー!フィクションであってフィクションじゃないようで寒気がしました
  • 顔なし子
    まだ子供だった頃、祖父がわがままをいう私に向かってこういいました。

    「"おーおんし"がさらいに来るぞ」

    近所の喜助さんがトイレに行っている間に後ろから口をふさがれて連れて行かれたという実話も添えられ
    それから数日間はトイレに行くのがものすごく怖かった記憶があります。

    「顔なし」も「おーおんし」...続きを読む
  • 裂けた瞳
    読んでいて、胸をぎゅっと押さえつけられるような感じになる。それが読後に解放されて、一気に感動が押し寄せてくる。現実の体験に近い感情の揺さぶり方をする小説は、この人の作品でしか味わえない。
  • うなぎ鬼
    人間心理の描写が鋭く、疑心や弱さといった人間の負の部分に関して鋭く突っこんだ作品。角川ホラーだがうなぎのような鬼が出てくるような突飛な内容ではなく、人間社会の裏側に半歩足を突っこんだ主人公が猜疑心を持ちながらも巻き込まれていく展開はスリリングでどんどん感情移入させられた。
  • いつか夜の終わりに
    物語ではなく、とても小説らしい小説でした。

    何かの向こう側の儚く切ない話の詰め合わせ。現実と夢との境を行ったり来たりしながら、「ほんとう」はどこにあるのだろう?そもそも「ほんとう」は必要なのだろうか?切なる思いがみせるもの。それが全てではないのだろうか。

    何てことを思いながら、哀しみが染み込...続きを読む

特集