生島治郎の一覧

「生島治郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/10/16更新

ユーザーレビュー

  • 黄土(こうど)の奔流
    生島治郎『黄土の奔流 冒険小説クラシックス』光文社文庫。

    過去に刊行された傑作冒険小説の再刊企画の第1弾。第2弾の胡桃沢耕史『天山を越えて 冒険小説クラシックス』を読んでみたら非常に面白かったので、本作も読むことに。

    1965年刊行の紅真吾シリーズの第1作。これぞ冒険小説のお手本というようなワク...続きを読む
  • 星になれるか
    ミステリ作品の編集を手掛けるうちに、自分でも書いてみようという欲望を抱くようになった編集者が作家に転向したその後の話。映画化、直木賞受賞などいくつかの成功を収めつつも、睡眠薬中毒に陥り、芥川やら三島やら太宰やらと自身を並べ、作家の孤独を説いて悦に入る。 チャンドラーを敬愛する妻小泉喜美子については、...続きを読む
  • 片翼だけの天使(小学館文庫)
    「君に届け」の次は大人の恋愛小説。

    小泉喜美子ファンの私は手放しで絶賛出来ない。小泉さん(生島治郎と離婚後)の元カレ内藤陳と本書映画化の際、主人公越路(生島治郎がモデルとされる)役の二谷英明お二人の追悼気分で手に取ったが、複雑な心境だ。映画はまだ見てません。本書が「恋愛小説の傑作」「現代における稀...続きを読む
  • 星になれるか
    『傷痕の街』で作家デビューした越路玄一郎。野坂昭如との出会い、吉行淳之介、長部日出雄とのバンコク旅行、そして直木賞受賞。その後訪れた睡眠薬中毒と小泉喜美子との離婚。自身が再起へ向かう姿と、一九六四年~七八年の綺羅星のような作家たちの活躍を描く、ハードボイルド作家の自伝的長篇小説完結編。

    バンコク旅...続きを読む
  • 浪漫疾風録
    二十三歳の越路玄一郎が入社したのは、個性派揃いの梁山泊のような出版社だった。部長の田村隆一に仕事を叩きこまれ、都筑道夫の後を受けて『EQMM』編集長を務め、そして作家に。一九五六年~六四年の疾風怒涛の編集者時代と戦後ミステリの草創期を活写する、ハードボイルド作家の自伝的長篇小説。

    文庫で読んで以来...続きを読む