「豊崎由美」おすすめ作品一覧

【豊崎由美】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/14更新

ユーザーレビュー

  • ニッポンの書評
    実は再読なんですが、読んだのがまだこのブログを始める前で、恐らく5年以上は経っているかも。だからという訳ではないけど、内容はあらかた忘れていました(寧ろ記憶力の問題)。前回のときは、書物の中で新書の占める位置もろくに知らなかったし、活字を読む機会も今より圧倒的に少なかったし、まして書評を積極的に読む...続きを読む
  • ニッポンの書評
    書評とはーよく見るけど、自分の中に定義が無かった。
    書評と感想文の違い、書評と批評との違い、かなりスッキリ教えてもらえる。
    また、トヨザキさんの本に対する愛情もヒシヒシ伝わってくる。
    読んでて楽しい。
  • 文学賞メッタ斬り!
    これは面白かった。信頼の置ける書評家2人の対談ってだけでもワクワクする上に、文学賞の何たるかを説いている内容となると、面白くない訳がない。そもそも、芥川賞と直木賞の違いもいまひとつピンとこなかったから、そのあたりも含めてクリアカットに説明されているだけでも読んだ価値あり。で、有名文学賞の欠点とか、そ...続きを読む
  • 百年の誤読
    「ベストセラーの正体って、もしかして、ひょっとして、万が一、……ヘナチョコ?」
     という疑惑を持った辛口書評家2人が、100年にわたるベストセラーをツッコミ入れまくりで語り尽くす、前代未聞の1冊。

     まず、決定的に新しいのが、堂々と「現代に生きるオレ視点」で楽しめるかどうかに徹したところ。「この小...続きを読む
  • 百年の誤読
    20世紀以降、過去100年強の主なベストセラーを10年単位にまとめ、2人の辛口な批評で論じています。軽いタッチでノリが良く、実に楽しく読めますが、なかなかどうして2人の広い領域に跨る造詣の深さにも脱帽でした。それにしても過去100年というと徳富蘆花、尾崎紅葉の時代から「世界の中心で愛を叫ぶ」まで実に...続きを読む