「北川知子」おすすめ作品一覧

「北川知子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/08/31更新

ユーザーレビュー

  • 海の地政学 海軍提督が語る歴史と戦略
    太平洋、大西洋、インド洋、地中海、南シナ海、カリブ海、北極海にまず歴史をおさらいする、地中海では特に古代からナポレオンまで続くの戦闘の歴史、大西洋では、アメリカ合衆国が独立するにあたっての海の果たした役割、その丘は主に現在の地政学的状況に焦点を当てる。現在では、中国の圧倒的台頭、ロシアの復活というの...続きを読む
  • 海の地政学 海軍提督が語る歴史と戦略
    濃密な書だった。近代のシーパワーだけの話かと思っていたが、大航海時代から現代までの海の歴史を語る。地球上のすべての海を経験した著者だからこそ書けた本だ。しかも、よく本を読んでいるようで、フィクションからノンフィクションまで、幅広く参考となる文献を挙げている。著者が持つ知識量に圧倒される。特に印象に残...続きを読む
  • 帝国の参謀 アンドリュー・マーシャルと米国の軍事戦略
    [その思考,星条旗を支えて]40年以上にわたって米国防総省のネットアセスメント室長を務めたアンドリュー・マーシャルの働きと,その期間における米国の国防戦略をまとめた作品。「ペンタゴンのヨーダ」とも称された人物の頭の中に深く入り込む話題作です。著者は,自身もマーシャルの下で働いた経験を有するアンドリュ...続きを読む
  • 情熱教室のふたり
    学力格差とたたかう学校「KIPP」の物語というサブタイトルに惹かれてこの本を手に取りました。実際いい内容の1冊です。「KIPP」の授業を実際に見てみたくなりました。映画化してほしい作品です。
  • 海の地政学 海軍提督が語る歴史と戦略
     米海軍出身の本書の作者は、実際に軍艦で世界中を航海し各国に寄港した経歴をもつ。その経験のエピソードをちりばめつつ、7つの海(太平洋、大西洋、インド洋、地中海、南シナ海、カリブ海、北極海)の地理的状況、歴史、政治的状況や位置づけを順に解説し、その後の章で犯罪、将来戦略と意見を開陳する構成である。
     ...続きを読む