鈴木伸元の一覧

「鈴木伸元」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/07/03更新

ユーザーレビュー

  • 性犯罪者の頭の中
    性犯罪者の犯行動機や性犯罪の実態、再犯防止の可能性やその手段について、実際の加害者の声を交えながら記した1冊。性犯罪というと加害者の場当たり的な(突然ムラムラして、とか)性的欲求に根差していると思われがちだけれども実際は全く違う。性犯罪はゲームのような感覚だったとある受刑者は言う。「あらゆる手掛かり...続きを読む
  • 性犯罪者の頭の中
    ■日本の刑務所では性犯罪者が再犯をしないように「指導」が行われている。プログラムはオリエンテーションの後,5つの項目について行われる。
    ①自己統制:事件につながった要因について検討,特定する。
    ②「認知のゆがみ」と変容:偏った考え方を修正させる。
    ③対人関係:対人関係における問題点を改善させる。
    ...続きを読む
  • 加害者家族
    犯罪者を抱える家族がそのあとどのような結末を送るのかが克明に描かれた一冊。

    はっきりいって、犯罪者家族の末路はどん底そのもの。

    もう死ぬしかないぐらい、生きる場所も希望もない。

    ”家族に犯罪者がいる”というステータスがつくことで、周囲の人は離れていき、頼みの綱である親友や知人にすら見放される。...続きを読む
  • 加害者家族
    犯罪による被害者とその家族は報道などによって二次被害を受ける。それは加害者家族も同じだ。とはいえ、被害者側を保護するのは当然という世論に比べ、加害者側を保護すべきかと言うことに対して、賛否ある。

    著者は殺人事件を犯した者の妻へ取材する。妻は「夫の犯した罪なのだから、私や子どもには関係がない」という...続きを読む
  • 加害者家族
    加害者家族への支援が必要であると強く思わせる本。
    他のレビューにもあったが、加害者家族への攻撃が事件とは何も関係のない人からも向けられる社会では加害者家族へも支援が必要かと思う。
    動画サイトでコロンバイン乱射事件の犯人の母親の講演を見た。非常に興味深かった。加害者を責めても被害者は戻ってこないし、ど...続きを読む