岡本真一郎の一覧

「岡本真一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/04/13更新

ユーザーレビュー

  • 悪意の心理学 悪口、嘘、ヘイト・スピーチ
    ●読んだ理由
    この本の内容とは少しずれるかもしれないが、職場内での人の悪口(面と向かってでない)、会社のコンプラ研修のトピックスとなってた部落、最近の日本・韓国関係のお互いの罵り合いから、コミュニケーションにおける悪意に興味をもったことから。
    ●感想
    8つある章のうち7章は、コミュニケーションの説明...続きを読む
  • 悪意の心理学 悪口、嘘、ヘイト・スピーチ
    悪意の心理学―悪口、嘘、ヘイト・スピーチ。岡本真一郎先生の著書。悪口、嘘、ヘイト・スピーチ、誹謗中傷、いじめ、嫌がらせといった行為は、人間が持つ悪意、先入観、嫉妬心や劣等感に結びついている。自分は虚言癖や醜悪発言癖がないだろうかと改めて自問自答するきっかけになりました。
  • 言語の社会心理学 伝えたいことは伝わるのか
    一見難しそうなタイトルだが
    読んでみると、
    日常会話を例に取り上げたものが多く
    読みやすかった。

    社会心理学・言語学・コミュニケーション学あたりかなあ…
  • 言語の社会心理学 伝えたいことは伝わるのか
    特筆すべきことは特にないのですが、学術的にまだ未成熟というか、「言語の社会心理学」と呼べるのか?と思えるような内容でした。どちらかというと「言語学」や「コミュニケーション学」という方が近いような気がしました。
    意志伝達の手段としての言葉、送り手と受け手の齟齬について色々述べていて、それはそれで興味深...続きを読む
  • 悪意の心理学 悪口、嘘、ヘイト・スピーチ
    失言、嘘、炎上、ヘイトスピーチ等々の様々な悪意に基づくことばを、心理学的に解説している本。我々が普段目にしたり経験する場面を、学問的に解き明かすとどうなるのか、その上で何に気をつければいいかが書いてあり、興味深かった。ところどころ著者の主観が入っているのは留意が必要。
    あと欲を言えば、ひたすら相手を...続きを読む