「小川和也」おすすめ作品一覧

「小川和也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/10/24更新

ユーザーレビュー

  • デジタルは人間を奪うのか
    本書はネット上の情報との付き合い方を考える上で非常に有益な本であったと思う。
    日々情報の海の中に投げ出された我々現代人が、人間としての判断、行動をするために必要と思われることが各具体例を通じて明らかにされている。
    人間の尊厳というと大げさに聞こえるが、インターネットや情報技術がかくも発達した今だから...続きを読む
  • デジタルは人間を奪うのか
    私たちはデジタル社会から のがれることはできない
    情報量は爆発的に多いが孤独を感じている
    多くのものがネットにつながっていく
    仮想と現実の境界がなくなっていく
    人間がデジタルに融合する
    デジタル認知症 とならないためには考える葦であり続けること
  • デジタルは人間を奪うのか
    メッセージはシンプル。どちらかというとデジタル万歳という印象のあった著者なので、こういう本を今書くというのは意外でもあり、興味を惹かれた。
  • デジタルは人間を奪うのか
    ドラえもんのひみつ道具箱が次々と実現されるが如く進化するデジタルテクノロジー、ソーシャルメディア、ウェアラブル、ロボット、人工知能など挙げその功罪を掘り下げる。終章ではデジタルテクノロジーには不可能なことがあるとして人間に明るい希望を提示するもそのためには「人間は考える葦である」、すなわち考えること...続きを読む
  • デジタルは人間を奪うのか
    人口知能、仮想通貨などデジタルでいまどこまで出来るのかがまとまっている。ただ、著者の考え方や予想の部分が少なめなので、ちょっと物足りない気も。