斉藤道雄の一覧

「斉藤道雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/06/12更新

ユーザーレビュー

  • 治りませんように――べてるの家のいま
    精神障害者施設がべてるの家でのエピソードや理念が書かれている。手厚い就労支援と当事者研究を行うこの施設では、病気を治すことでなく病気と生きることを大切にしている。だからこその苦悩、豊かさを知ることができる1冊。

    自分が病気になったときと同様に、精神障害者は病気を治したいと思っていて当然だと思ってい...続きを読む
  • 手話を生きる――少数言語が多数派日本語と出会うところで
    卒論で使わせていただきました。
    手話とは何か。歴史から現代の教育においての実態まで読みやすく分かりやすい。
  • 悩む力――べてるの家の人びと
    【繋がる】

    人はなんのために生きるのか?
    人間の繋がりのために生きている。

    病気を抱えている時は
    みんなと一緒にいること
    みんなの中に入って、自分のことを話すこと。

    精神障がいを抱えている人達の生き方に学ぶことで、誰もが幸せに生きられるだろう。
  • 手話を生きる――少数言語が多数派日本語と出会うところで

    手話は私達の言葉

    私は聴覚障害者ですが、この本は本当に素晴らしく良いです。ろう学校に手話教育を教えるのが必要です。口話教育だと聴覚障害の子供達はほとんど解らないまま、普通の教科書を読んでも言葉の内容が伝わりません。私は聴覚障害児にとって手話が当たり前の言葉です。口話教育を受ける必要がなく受ける意味がありません !
  • 手話を生きる――少数言語が多数派日本語と出会うところで
    知らない世界を覗くのはいつも楽しいことなのだが、
    ここまでのめり込むことのできた本はなかったと思う。
    ろうあ者の生活や手話に対して
    より切実な関心を持って接することができるような気がする。