「斉藤道雄」おすすめ作品一覧

「斉藤道雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/08更新

ユーザーレビュー

  • 手話を生きる――少数言語が多数派日本語と出会うところで

    手話は私達の言葉

    私は聴覚障害者ですが、この本は本当に素晴らしく良いです。ろう学校に手話教育を教えるのが必要です。口話教育だと聴覚障害の子供達はほとんど解らないまま、普通の教科書を読んでも言葉の内容が伝わりません。私は聴覚障害児にとって手話が当たり前の言葉です。口話教育を受ける必要がなく受ける意味がありません !
  • 手話を生きる――少数言語が多数派日本語と出会うところで
    知らない世界を覗くのはいつも楽しいことなのだが、
    ここまでのめり込むことのできた本はなかったと思う。
    ろうあ者の生活や手話に対して
    より切実な関心を持って接することができるような気がする。
  • 手話を生きる――少数言語が多数派日本語と出会うところで
    なぜ「手話で生きる」ではなく「手話を生きる」なのか、読んで納得。手話は日本語の補助ツールではない。むしろ、ろうの人にとっては第1言語であり、日本語は第2言語。まずそれを理解しないと何も始まらない。人工内耳を拒んでまでろうでいたいという気持ちには複雑な思いがする一方で、人間としての尊厳をベースに考えれ...続きを読む
  • 手話を生きる――少数言語が多数派日本語と出会うところで
     各地で自治体主催の手話教室が開かれ、多くの手話サークルが活動する中で、日本手話に対する理解はまだまだ途上にあるということに驚きました。ほんの十年前の2006年に、元聾学校校長という方が「日本語体系の習得は手話では難しい」と新聞に寄稿していたこととか(p73)。また、ろうあ連盟が「手話を『日本手話』...続きを読む
  • 悩む力――べてるの家の人びと
    結局、飾って装っても、そこで一瞬はしのげても、違和感しか生まれない。そればらば最初から裸で、自分を相手に預けるようにいたい。わたしというのは、自分の中にはいなくて、「あいだ」にあると思う。


    ●以下引用

    もし管理上の規則があったら、すべてが「規則にこう書いてあるから」と片づけてしまい、ひといひと...続きを読む