「渡辺仙州」おすすめ作品一覧

「渡辺仙州」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/11更新

ユーザーレビュー

  • 西遊記(中)破邪遍歴の巻
    悟空と三蔵のたびがはじまる。八戒や悟浄を仲間に入れて旅が続くのは
    おなじみのストーリー。

    三蔵に出会ってからの悟空も、とびぬけて強いのは同じ。
    このとびぬけて強い悟空も、危機に陥れないと、お話が成り立たない。
    そこで登場するのが、弱いくせに言うことだけは立派(?)な三蔵で
    彼が悟空のうまい具合に足...続きを読む
  • 西遊記(上)悟空誕生の巻
    息子の読み聞かせに使用。
    中国で神話にあたるものは、と考えこちらを読んでみると大ヒット。
    まず孫悟空が三蔵に助け出される前の活躍(?)のストーリーをそもそも知らなかった。
    生まれた時からすでに強かった孫悟空が修行を通し、さらに強くなっていくのだが、
    師匠に見放されたりして、悲しい身の上である。
    とに...続きを読む
  • 三国志(4)天命帰一の巻
    これも良いです。読みやすいし。全4巻ですが、蜀も魏も呉もほろびて晋の時代が始まるってとこまで書かれてる。
    秋風五丈原でおわってる本がおおいんよねえ。
    三国志の本ってたくさんでてて、いろいろ読みました。
    三国志演義の原文はもちろん読んだことないけど、編訳者・作者によってまとめかたがちがってたりし...続きを読む
  • 封神演義(上)妖姫乱国の巻
    姜子牙の仙人になったいきさつなど詳しく書いてます。
    いちおうバツイチだったのですね、姜子牙(笑
    元妻は『馬氏(ばし)』といいます。どうでもいいけど。

    黄天化のキャラクターは封神演義ではずせません(笑)
    出番はあまりないのに、なぜか強いのです。
    仙人として修行を積んだからなのか、それとも先天的に能力...続きを読む
  • 西遊記(上)悟空誕生の巻
    長男がはまっている西遊記。ご丁寧に、孫悟空のいくつもの異名をすべて覚えている。「美猴王」「斉天大聖」「孫行者」・・。孫悟空の挿絵までマネして描いてみたりしている。
    あまりにも有名な西遊記だが、幼いころ読んだ記憶もなく、私も子供と一緒に同じ本を読んでみることに。この本は翻訳がとても見事で、なるほど小学...続きを読む