「岸田メル」おすすめ作品一覧

「岸田メル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:岸田メル(キシダメル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1983年09月03日
  • 職業:イラストレーター

『死神姫の再婚』(小野上明夜)、『神様のメモ帳』(杉井光)、『楽聖少女』(杉井光)などの作品で挿絵を手がける。、キャラクターデザイン等の分野では、ゲーム『ロロナのアトリエ』や『トトリのアトリエ』、アニメ『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』などを手がける。

作品一覧

2018/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 死神姫の再婚3 -腹ぺこ道化と玩具の兵隊-

    ハマった

    最初はマンガでこの作品を知りましたがそれからドンドンハマっていまに至ります。
    キュンキュンがとまらん
  • 神様のメモ帳9
    神メモ最終巻。最後はアリスの出生の謎と、アリスの実家との確執について描かれた。誰と誰が親子なのか分からなくなって、すごく複雑な話だったけど、ミステリとしても青春モノとしても良くできた話だったと思う。ナルミ君の詐欺師ぶりも最高潮に。それにしても、これにてニート探偵小説が終わりとは寂しい限り。
  • 神様のメモ帳7
    この巻では「大佐」こと向井さんの過去が明らかになった。例によって重要なゲストキャラが死ぬものの、とても美しい終わり方。伏線の回収率と回収方法が凄まじい。ニート探偵がニートでなくなってきたのが気になる…。
  • 神様のメモ帳9
    9 完結
    アリス本人の事件。
    近親相姦や遺産相続問題などは推理小説で良く使われるものだが、此処まで複雑なものは知らない。
    アリスの親族がアリスを特別視するのも頷ける。
  • 神様のメモ帳6
    ニート探偵小説の第6巻。ミステリ色が強く、このシリーズで一番面白かった。これまで謎だったミンさんのプライベートが一気に明らかに。ナルミの天然的な才能(天才?)が今回も如何なく発揮され、また、ジゴロニートのヒロさんがちょっとだけ男を上げた巻でもある。

特集