道果ての向こうの光

道果ての向こうの光

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

聖女と騎士、そして、町娘だった少女の出会いと別れの物語。話題のオリジナル小説サイト「Libera」の人気小説が書籍化!!――残酷な奇跡に、私はなにをのこせるだろう。平凡な町娘だったユーナの日常は唐突に失われた。真っ白い空間で出会った正体不明の「光」に請われるがまま、「聖女」の身体に入って生活することになってしまったユーナを待っていたものは、「聖女」の婚約者、神聖騎士アシュートの思いがけない侮蔑のまなざしと、侍女たちの努めて無感動な表情、そして、王宮をつつむ張りつめた空気であった。わけもわからず混乱のまま、それでもなんとかやっていこうと決意するユーナであったが、ある夜、螺旋階段の奥に潜む「聖女」の罪を知り……!?

ジャンル
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
Regalo
ページ数
315ページ
電子版発売日
2012年10月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

道果ての向こうの光 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年04月20日

    全て読み終えました。理不尽と言える境遇に立たされても、必死で乗り越えていこうと奮闘するシェリアに好感が持てました。話の展開も飽きがこず、続きが気になる作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月27日

    いい子ちゃん主人公が頑張る話。ただ個人的な感覚として、他人の体で好き勝手に行動するのは如何なものか。でも面白かったので続きに期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月21日

    3巻まで発売中(以下続刊)
    イースト・プレスのネット小説、書籍化。

    平凡な町娘だったユーナの日常は唐突に失われた。
    真っ白い空間で出会った正体不明の光に請われるがまま、美しい聖女の身体に入って生活することになってしまったユーナを待っていたものは、聖女の婚約者である第一神聖騎士アシュートの思いがけな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

道果ての向こうの光 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 道果ての向こうの光
    1,100円(税込)
    聖女と騎士、そして、町娘だった少女の出会いと別れの物語。話題のオリジナル小説サイト「Libera」の人気小説が書籍化!!――残酷な奇跡に、私はなにをのこせるだろう。平凡な町娘だったユーナの日常は唐突に失われた。真っ白い空間で出会った正体不明の「光」に請われるがまま、「聖女」の身体に入って生活することになってしまったユーナを待っていたものは、「聖女」の婚約者、神聖騎士アシュートの思い...
  • 道果ての向こうの光~二人の聖女と遠い約束~
    アシュートの言葉に揺れるユーナ。 あなたが消えてしまうというなら、私は──。 話題のオリジナル小説サイト「Libera」の書籍化第二弾!! 真っ白な空間で出会った謎の光に請われるがまま、聖女シェリアスティーナの身体に入り生活することになった町娘ユーナ。シェリアスティーナの起こした過去の陰惨な事件に傷つき、反抗的だった王宮の人々は、ユーナの純粋な心に触れてゆっくりと変わっていき、ユーナ...
  • 道果ての向こうの光~黄昏の花と暁の騎士~
    今すぐ──ただ、逢いたい。身代わり聖女の王宮ファンタジー、最高潮第3巻! シェリアスティーナの婚約者アシュートに淡い恋心を抱くユーナ。だがシェリアスティーナの壮絶な過去を知り、身代わり聖女としての時間を彼女のために使う決意をする。小説サイト『Libera』掲載に加筆し書籍化。
  • 道果ての向こうの光~奇跡を紡ぐ物語~
    やっと、君に会えた。 愛しい人を救うため、騎士は己のすべてを賭ける。 身代わり聖女と堅物騎士の王宮ファンタジー、堂々完結! 馬車に轢かれ、魂だけの存在になっていた町娘ユーナは、とある事情から、聖女シェリアスティーナの身体に入り、1年間の期限付きで王宮暮らしをすることになる。そんな中、ユーナは誠実で優しい騎士アシュートに淡い恋心を抱きはじめる。けれど彼はシェリアスティーナの婚約者...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています