「森沢晴行」おすすめ作品一覧

「森沢晴行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森沢晴行(モリサワハルユキ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 富山県
  • 職業:マンガ家

『このライトノベルがすごい! 2010』イラストレーター14位。代表作は 『輪廻のラグランジェ』、『とある飛空士への追憶』、『ドリームクラブ』など。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • とある飛空士への誓約9
    飛空士シリーズの大団円。
    第一作の追憶から追いかけてきた身には、ああ、これで終わったんだなあ、というなんとも言えない感慨が湧いてくる。
    もちろん、この巻は誓約の最終巻なので、物語の中心はあくまで誓約の立場からなのだけど。

    本巻はプレアデス奇襲作戦の全貌。
    最後を飾る空戦場面はさすがに気合が入ってい...続きを読む
  • とある飛空士への誓約8
    ああ! かぐらさん!
    まさか? うそだろ⁉︎
    いろいろあった巻だけど、最後に全て持っていかれた気がする。

    今巻は前巻活躍した清顕とイリアはちょっとお休みの回。
    代わりに、バルタとセシル、ミオとクレア、そしてかぐらのそれぞれの場所での生き方が語られる。
    イスラ艦隊との共闘でウラノスへの反抗を期すバル...続きを読む
  • とある飛空士への誓約7
    いやあ、もう、今回も最高だな。
    これぞ長いシリーズを読んできたからこそ味わえる感動だ。

    前巻で多島海戦争がセントヴォルトの勝利に大きく傾き、清顕とイリアは新たな路に進みだして、さて今巻ではどうなるのだろうと思っていたのだけど、いきなりセントヴォルトがウラノスに追い詰められているところから始まるとは...続きを読む
  • とある飛空士への誓約5
    うわー泣いたー。
    泣かされたー。
    なんというすごい回。
    まさかシリーズ折り返しのここで、こんなにも泣かさせられる展開が待っていたとは。
    まさに神回だった。

    前半はミオとニナの絡みで、プールでの水着姿や驚愕の(笑)アリー麺騒動などシリーズ愛読者にはクスリとさせられるちょっとほのぼのとした展開だった。...続きを読む
  • とある飛空士への追憶
    ラストシーンの余韻が胸の奥に灯る光となってずっと続いている。
    一瞬の煌めきが永遠の光になる。切なくも心強く、純度の高いボーイ・ミーツ・ガールだった。

    この『とある飛空士への追憶』という物語はシャルルとファナ、二人の旅の記録であるから自ずと焦点が二人に絞られるわけで。空の旅と戦い、その中で芽生える恋...続きを読む

特集