王敏の一覧

「王敏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/05/07更新

ユーザーレビュー

  • 日中2000年の不理解 異なる文化「基層」を探る 
    中国、韓国、日本
    この3つの国を比較した時に、
    日本は明らかに違うと感じていて、その原因の一端として「儒教文化」がある。
    ということまでは私も考えたことがあるのだけれど、
    ここまで分析されていると、すっきりする。
    今まで感じてきた中国や韓国のもつ「激しさ」の根源を見た気がした。
    いくら日...続きを読む
  • 中国人の愛国心 日本人とは違う5つの思考回路
    「愛国」、「歴史」、「徳」、「中華」、「受容と抵抗」の五つを中国人の心を読み解くキーワードとして挙げながら、日中の違いをわかりやすく述べている。構成は以下の通り。

    第1章 中国人にとって「愛国心」は中国魂:中国を理解するキーワード「愛国」

    第2章 中国人にとって「歴史」とは判例集:中国を理解...続きを読む
  • 日中2000年の不理解 異なる文化「基層」を探る 
    日中の文化をよく知る著者の、比較文化論。

    日本は感性の国。
    中国は理の国。
    こういう二分法は、今では戒められるところかもそれない。
    私は、感性が理に劣るものとは思わないが、西洋風の二分法では感性は劣位かもしれない。
    そのため、この本に憤慨する人もいるかもしれない。
    ただ、まあ、中国をあまりに知らな...続きを読む
  • 禹王と日本人 「治水神」がつなぐ東アジア
    数千年前の古代から連綿と受け継がれてきた偉人としての禹という人物の、中国と日本、朝鮮などの各文化圏での受容の差異を紹介している。日本では儒教である朱子学が普及した江戸時代から禹の治水に関する業績がクローズアップされ庶民にも広まったことによって、儒教の聖人・古代英雄ではなく治水の神と祀られるようになっ...続きを読む
  • ほんとうは日本に憧れる中国人 「反日感情」の深層分析
     中国の歴史や儒教に関することが出てくることについては、他の書物となんら変わりないのであるが、中国人のいろんな場面における反日感情の解釈の仕方が非常に良い気がする。中国(人)の考えを理解するにはいい本であると思った。