日中2000年の不理解 異なる文化「基層」を探る 

日中2000年の不理解 異なる文化「基層」を探る 

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

同じ漢字を使い肌の色も同じなのに、なぜ日本人と中国人はわかりあえないのか。日本滞在20年余の中国人女性の日本研究者が、日中の伝説や説話、宮沢賢治の童話、日本の裸祭りの風習、さらには駅弁の包み紙まで、豊富な事例を駆使し、近いようで遠い日中文化の違いが引き起こす、対日デモや靖国問題など両国間の摩擦の真相を明かす。以心伝心を旨とする日本的コミュニケーションでは中国人はわからない。えっ! こんなことに中国人は反応するのか。驚きの日本文化論登場。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
239ページ
電子版発売日
2011年02月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

日中2000年の不理解 異なる文化「基層」を探る  のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年01月08日

    中国、韓国、日本
    この3つの国を比較した時に、
    日本は明らかに違うと感じていて、その原因の一端として「儒教文化」がある。
    ということまでは私も考えたことがあるのだけれど、
    ここまで分析されていると、すっきりする。
    今まで感じてきた中国や韓国のもつ「激しさ」の根源を見た気がした。
    いくら日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月15日

    日中の文化をよく知る著者の、比較文化論。

    日本は感性の国。
    中国は理の国。
    こういう二分法は、今では戒められるところかもそれない。
    私は、感性が理に劣るものとは思わないが、西洋風の二分法では感性は劣位かもしれない。
    そのため、この本に憤慨する人もいるかもしれない。
    ただ、まあ、中国をあまりに知らな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月09日

    非常に面白い日中文化比較論。中国人の書いたものは今まであまりなかったように思える。新鮮。著者の日本を理解しようと言う熱意がものすごく伝わってくる。日本と比較した中国の思考体系はものすごく異質に思えて、非常に興味深かった。以下列挙。・日本は人間より動物の写真が大きい・孔子は厩が焼けた時に人は心配したが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月16日

    中国人から見た日本・日本人感を綴った一冊。

    散文調でとりとめもない感じで綴られているので、論文と言うよりエッセイを読んでる感じ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年06月07日

    [ 内容 ]
    近いようで遠い日本と中国の文化の隔たりが思わぬ摩擦を生む。
    日中の行き違いを九尾狐の伝承、新美南吉や宮沢賢治の童話、日本の裸祭りの風習など豊富な事例から描く。
    えっ!
    そうだったんだ。
    こんなことに中国人は反応するのか。
    驚きの日本文化論、登場。

    [ 目次 ]
    第1章 動物を慈しむ文...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています