小梅けいとの一覧

「小梅けいと」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小梅けいと(コウメケイト)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本

京都大学卒。2000年『猫遊戯』で「快楽天 星組」にてデビュー。作品に『腐り姫』、『くじびきアンバランス 』などがある。成年向け漫画でも活動。その他「K.TEN」名義でゲームのキャラクターデザインなども行っている。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/12/26更新

ユーザーレビュー

  • 戦争は女の顔をしていない 1
    ソ連軍の女性兵士の回想本を漫画化したもの。
    第二次大戦時における日ソ間の戦いを思えば、ソ連兵に良い印象が有るはずがないし、独ソ戦のシミュレーションゲームでもモスクワを陥落させられれば最高の気分だ。
    しかし、あの戦争における死者数はソ連が2500万人と断トツ。因みにドイツは800万人。日本は300万人...続きを読む
  • 戦争は女の顔をしていない 1
    帯に「漫画化した作者の蛮勇」と評されていたが、想像以上に面白かった!独ソ戦で従軍し、生き残った女性兵士の視点から描かれる戦争の壮絶さ。インタビュー形式で語られるエピソードは、あまりにも生々しく凄惨。可愛らしい絵柄でカモフラージュされていなければ、とても読めなかったかもしれない。

    洗濯兵(こういう兵...続きを読む
  • 戦争は女の顔をしていない 2
    1巻同様に、可愛い絵柄にカモフラージュされてはいるけれど凄まじい内容。国のためにと女性としての幸せを捨て戦地に赴くことを望んだのは、やはり時代だったのだろうと思う。自慢の長い髪を失い坊主になり、スカートを捨て男と同じ格好をして、彼女たちが得られた幸福とは一体なんだったのだろうか。

    敵の骨を砕きなが...続きを読む
  • 戦争は女の顔をしていない 2
    戦争というものの非情さが迫ってくる。体験者の真の言葉は重い。このような形で伝えてくれている意味はとても大きい。
  • 戦争は女の顔をしていない 1
    生まれて初めて、「女性が兵士として戦場に赴いた」体験談を読んだ(漫画版だけど)。一人一人の「辛かったこと」を知ることで、戦争の過酷さがリアルに感じられた。犠牲者それぞれに過酷なストーリーがあるのだと思うと、「ソ連死者数2700万人」という数字が、改めて、とてつもなく重い。